« 【書籍】『輪環の魔導師7 疾風の革命』読破 | トップページ | 【映画】『エラゴン 遺志を継ぐ者』を見た »

2010年8月31日 (火)

【映画】『20世紀少年』を見た

 「浦沢直樹」原作の漫画の実写化──三部作で贈る【SF・アクション】作品です。
「第1章 終わりの始まり」・「第2章 最後の希望」・「最終章 ぼくらの旗」と一気に見ました。

「浦沢直樹」氏の作品は「YAWARA!」以降、実はあまり読んでいない私。
「YAWARA!」は【アニメ】が最初でしたが、当時、今まで放送されていた【アニメ】作品のタッチとは大分異なった絵柄が新鮮でした。
話は戻って『20世紀少年』ですが、漫画ではほとんど読んでおらず、辛うじて序盤の設定を知っているのみ。
なので、とても"新鮮"な気持ちで見る事ができました。

 三部作通して、設定自体は面白いですが、いまいち"盛り上げ"部分に欠けるなぁと感じました。
でも、そこがこの作品の良い所かも・・・・・・"身近な"雰囲気の中に"異質な"雰囲気を混ぜたレトロタッチがいい味付けです。

ストーリー的には最後の最後までは「ふーん」といまいちの感想でした・・・・・・でも、その感想を一転させてくれた「ともだち」の"本当の正体"には感心しました。

三部作でも足りなかったのか、人の変遷(特に敵側)が描ききれておらず、最後の裏切りオンパレードは唐突過ぎました。
キャスト的には子供時代など、良くここまで似ている人を──と感心です。
けれども、ちょっとした脇役などにも余計な(!?)配役にて、せっかくの描いた"世界"をぶち壊しかねない・・・・・・オールスター○○ではないのだから。

なにわともあれ、最終的には「見ておいて良かったかな」と思わせてくれた作品でした。(あんなに大騒ぎして広告する作品でもないと思ったけど。)

(記:スッタコ小僧)

« 【書籍】『輪環の魔導師7 疾風の革命』読破 | トップページ | 【映画】『エラゴン 遺志を継ぐ者』を見た »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【映画】『20世紀少年』を見た:

« 【書籍】『輪環の魔導師7 疾風の革命』読破 | トップページ | 【映画】『エラゴン 遺志を継ぐ者』を見た »

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

リンク