« 【書籍】『ポケットにライ麦を』再読 | トップページ | 【映画】『ナインスゲート』再見 »

2010年7月 4日 (日)

【書籍】『GOSICK s─ゴシックエス・春来たる死神─』読破

 「桜庭一樹(さくらば・かずき)」著、東洋から来た少年「久城一弥(くじょう・かずや)」と"知の泉"を駆使する灰色の狼──いや、ビスクドールのような少女「ヴィクトリカ」の出遭いの事件簿です。
前述の二人の出遭いの他、留学生「アブリル」と「久城」の出遭い、そして先生「セシル」と「ヴィクトリカ」の出遭いと長編では描かれていなかった"出遭い・はじめて"が満載の短編集となっています。

 相変わらずミステリー部分は弱い(※)のですが、「ヴィクトリカ」の栗鼠のような微笑ましい生態&棲息描写にて、楽しませてくれる作品です。(本当にミステリより、そっちに力が入ってきたなぁ。)
本編の方は『~Ⅳ』で「アブリル」と「ヴィクトリカ」が出遭いを果たして、事件を巡る謎の他、「久城」を巡る"戦い!?"も気になるところです。
本編を読んでいると本作で登場する「アブリル」に「あれっ」と思うのですが、そこが本作の読み所でもありました。

※トリックの他、短編でページ数も少ないことも影響して事件背景まで弱くなっています。
 また、事件の怪奇さ、問題編の不気味さ演出の部分も短くなってしまっていて・・・・・・。

サイトで調べると本シリーズも長編はあと二冊、短編もあと二冊。
あと少し楽しめそうです。

『GOSICK─ゴシック─』
『GOSICKⅡ─ゴシック・その罪は名もなき─』
『GOSICKⅢ─ゴシック・青い薔薇の下で─』
『GOSICKⅣ─ゴシック・愚者を代弁せよ─』

(記:スッタコ小僧)

« 【書籍】『ポケットにライ麦を』再読 | トップページ | 【映画】『ナインスゲート』再見 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【書籍】『GOSICK s─ゴシックエス・春来たる死神─』読破:

« 【書籍】『ポケットにライ麦を』再読 | トップページ | 【映画】『ナインスゲート』再見 »

2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ