« 【映画】『日本沈没』を見た | トップページ | 【映画】『ファンタスティック・フォー 銀河の危機』を見た »

2010年6月18日 (金)

【書籍】『カンナ 奥州の覇者』読破

 歴史探求&忍者!?──「高田崇史(たかだ・たかふみ)」著、伊賀忍者の流れを汲む「鴨志田甲斐(かもしだ・かい)」が盗まれた社伝と友人「諒司」探索に乗り出す【推理小説】です。

~てっきり、「伊達政宗」の話かと思ってしまった。~

上記は全くの勘違いで、本作では岩手県を舞台に蝦夷(えみし)の指導者「アテルイ」と中央との戦いの"裏側"に迫る内容となっています。
相変わらず、読むと今まで習った歴史を色々と思い返したくなる作品です。

~ちょっと、ボリューム不足すぎる。~

簡潔で分かり易いけど、頭を回転させる部分が少なく、社伝を取り返す盛り上げ所があるのですが・・・・・・うーん。
結局、一番印象に残ったのは「甲斐」の婚約者「聡美(さとみ)」と巫女バイト「貴湖(たかこ)」がついに出遭った部分となりました。

最後に本シリーズの感想(過去記事)へのリンクを──

『カンナ 飛鳥の光臨』
『カンナ 天草の神兵』
『カンナ 吉野の暗闇』

(記:スッタコ小僧)

« 【映画】『日本沈没』を見た | トップページ | 【映画】『ファンタスティック・フォー 銀河の危機』を見た »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【書籍】『カンナ 奥州の覇者』読破:

« 【映画】『日本沈没』を見た | トップページ | 【映画】『ファンタスティック・フォー 銀河の危機』を見た »

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

リンク