« 【アニメ・ゲーム】5月31日(月)~6月2日(水)雑記 | トップページ | 【書籍】『死の猟犬』再読 »

2010年6月 4日 (金)

【映画】『ママの遺したラヴソング』を見た

 「スカーレット・ヨハンソン」&「ジョン・トラボルタ」共演で贈る【ヒューマン・ドラマ】です。

 あまりに定番の展開で「もっと何かあるのでは」と思っていた私には拍子抜けの内容ですが、まあ、分かっていても「ぐっ」と来るのがこの手の作品。
特筆する点があるとすれば、回想などにて全く過去を出さず、一切「ママ」を登場させなかった事。
上記にて「スカーレット・ヨハンソン」さんが演じる「パーシー(パースレーン)」の映像では描かれていない子供時代の"孤独"&"寂しさ"が際立ちました。
また、過去ではなく現在&未来へと進む、最後に「ジョン・トラボルタ」さん演じる「ボビー」が引用した「T.S.エリオット」の"人は冒険をやめてはならぬ"に繋がるのかな(!?)。

~~~
 母親「ロレーン」が死んだ・・・・・・恋人の連絡ミスにより母親の葬儀に出れなかった「パーシー」。
急いで母親の家へ向かうとそこには二人の"飲んだくれ"男が・・・・・・。
母親の遺言により家を三分割!?、元教授の「ボビー」とその弟子「ローソン」との奇妙な同居生活の始まりです。
~~~

 退屈するかなぁと思ったのですが、意外に"スラスラ"と見る事ができました。
前述のようにストーリーには驚き──つまり、続きをワクワクさせるような展開はなかった為、退屈せずに見れたのは登場人物(出演者)達の魅力かな。

(記:スッタコ小僧)

« 【アニメ・ゲーム】5月31日(月)~6月2日(水)雑記 | トップページ | 【書籍】『死の猟犬』再読 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【映画】『ママの遺したラヴソング』を見た:

« 【アニメ・ゲーム】5月31日(月)~6月2日(水)雑記 | トップページ | 【書籍】『死の猟犬』再読 »

2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ