« 【書籍】『ソウル・コレクター』読破 | トップページ | 【アニメ・ゲーム】6月6日(日)~6月12日(土)雑記 »

2010年6月13日 (日)

【書籍】『カンナ 吉野の暗闇』読破

 「高田崇史(たかだ・たかふみ)」著、忍術は使えないが伊賀忍者の流れを汲む「鴨志田甲斐(かもしだ・かい)」(「かもしぃ」)&忍犬「ほうろく」(「グーパンチ」)、巫女アルバイト「貴湖(たかこ)」、甲賀流を汲む「竜之介」のカルテット。
3人+1匹の人および歴史探索(殺人事件遭遇付)の【推理小説】です。

 著者の別シリーズ『QED』も最近、扱う題材が固定化してきましたが、それまでのシリーズ作累積の影響か、若干、途中からの参入は難しくなっています。
本作では扱うテーマと描かれ方も分かり易くなり、入門し易い作品に様変わりです。
前述の登場人物の設定と展開(若干のアクションあり)も手伝い、ボリューム(文字量)も抑え目な本作、お薦めです。
 本作では、奈良の吉野を舞台に「役小角(えんのおづぬ)」の正体に迫ります。

 最後に今まで読んだ本シリーズの感想(過去記事)へのリンクを──

『カンナ 飛鳥の光臨』
『カンナ 天草の神兵』

(記:スッタコ小僧)

« 【書籍】『ソウル・コレクター』読破 | トップページ | 【アニメ・ゲーム】6月6日(日)~6月12日(土)雑記 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【書籍】『カンナ 吉野の暗闇』読破:

« 【書籍】『ソウル・コレクター』読破 | トップページ | 【アニメ・ゲーム】6月6日(日)~6月12日(土)雑記 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

リンク