« 【アニメ・ゲーム】4月10日(土)~4月13日(火)雑記 | トップページ | 【書籍】『七つの時計』再読 »

2010年4月17日 (土)

【書籍】『ジウ 警視庁特殊犯捜査係【SIT】』読破

 「誉田哲也(ほんだ・てつや)」著、"二人の対極的な女性捜査官の視点"で描いた【警察小説】です。
新聞の広告、書店の目立つ棚かな、以前に色々と目に付いたタイトルだったので、どんな作品かなと読んでみました。

~なんだ「続き物」だったのか。~

続きが出ているのは知っていましたが、捜査側が同じだけの「シリーズ物」かと思っていました。
主犯格が捕まらずに不気味な予告を残して「続く」の展開です。

~衝撃的(バイオレンス)な展開で目を引く作品だったのか。~

「驚く仕掛け」や「事件の謎」で惹き付ける作品ではなくて、犯人側の残虐な手口などにて気を引く作品でした。
「著者のことば」に「アクションもミステリーも、人情話もバイオレンスも・・・」と記載されていますが、バイオレンスの比率が私には(必要以上に)大きく感じました。

残念ながら読み終わった後、私は「続き」を読む気が起きませんでした。

(記:スッタコ小僧)

« 【アニメ・ゲーム】4月10日(土)~4月13日(火)雑記 | トップページ | 【書籍】『七つの時計』再読 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【書籍】『ジウ 警視庁特殊犯捜査係【SIT】』読破:

« 【アニメ・ゲーム】4月10日(土)~4月13日(火)雑記 | トップページ | 【書籍】『七つの時計』再読 »

2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ