« 【アニメ・ゲーム】3月27日(土)~4月2日(金)雑記 | トップページ | 【書籍】『殺意は砂糖の右側に』読破 »

2010年4月 4日 (日)

【映画】『アバター』を見た

 「ジェームズ・キャメロン」監督、渾身の【SF】映画、劇場まで足を運んで見てきました。
もちろん、足を運んだことからも分かるように「3D」での視聴が目当てです。
また、目の疲れを考慮して、洋画を見るときには珍しいのですが「吹き替え」版で見ました。

 普通の「2D」宣伝後、「3Dメガネ」をかける指示が現れ、その後の宣伝は全て「3D」──「おおっ」と小さな"どよめき"が発生しました。
確かに飛び出ている──普通の状態でメガネをかけた時はサングラスのように若干、視界が暗くなったので映像が全体的に暗く見えるのではないかと心配したのですが、杞憂でした。
若干、"チラついている"ように見えるのは今後の課題でしょうか・・・・・・。

 さて、作品そのものの感想です。

まず、無粋な意見ですが、

~成る程、お金がかかるわけだ~

"一つの新しい世界"を余す所なく"まるまる"描く、スケールの大きさ。
スクリーン・・・・・・視界に入る全てのモノについて、"拘っている"。
オープニングにタイトルや製作、スタッフ名を入れずにいきなり"物語を始める"点も、観客を「この世界に引き込もう/入ってもらおう」という姿勢(細かな配慮)が分かり、好感が持てました。

そして、全体的な意見ですが、

~監督は、"ニーズ"が分かっているなぁ~

監督の"やりたい"事がピッタリ、観客の求める事に一致したのか、合わせたのか・・・・・・。
「飛竜伝説」に最後の結末と──「やって欲しい」、「この展開になって欲しい」と見ていて思った事を実行してくれている。

~色々な"ギミック(仕掛け)"が楽しめる~

多彩な植物、シナプスのように根を張る森の秘密。
多彩な生物、そして「ナヴィ」の特性・・・・・・プラグイン、生物と"絆"を繋ぐ。
強力な磁気、そして浮かぶ天空の島
(ところで、「ナヴィ」族が半巨人とは吃驚・・・・・・宣伝を見ている限り、てっきり人間と同サイズかと思っていました。)

【ファンタジー】と思いきや、個々の事実が実は"科学"に裏打ちされている/基づいている点──【SF】映画好きには堪りません。

また、「3D」を格別意識した作品、頼りきった作品ではない点も好感触。
あからさまに「3D」で見たら、「"際立つ"だろうなぁ」という映像を織り交ぜているわけではありません。
映像を楽しむ一つの手段、メインではなく"ギミック"の一つに収まっています。

なにわともあれ、

~映像の進化、そこまで行かなくても新たな試みに立ち会えるのはとても楽しい~

 「劇場ならではの大画面・音声」以外にも、劇場へ足を運ぶ選択要素が増えたのは「出不精」の私には嬉しいかぎりです。
 大好きだった『タイタンの戦い』のリメイク(!?)作品の公開が待ち遠しかったりと久しぶりに"わくわく"劇場公開作品をチェックしている、この頃です。

(記:スッタコ小僧)

« 【アニメ・ゲーム】3月27日(土)~4月2日(金)雑記 | トップページ | 【書籍】『殺意は砂糖の右側に』読破 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【映画】『アバター』を見た:

« 【アニメ・ゲーム】3月27日(土)~4月2日(金)雑記 | トップページ | 【書籍】『殺意は砂糖の右側に』読破 »

2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ