« 【アニメ】『東のエデン 劇場版Ⅰ』を見た | トップページ | 【アニメ・ゲーム】4月10日(土)~4月13日(火)雑記 »

2010年4月13日 (火)

【映画】『パニッシャー:ウォー・ゾーン』を見た

 "ドンドンパンパンドンパンパン"の撃ちっ放しの【バイオレンス・アクション】映画です。

 家族を殺されて一人残った男「フランク・キャッスル」。
「仕置き人(パニッシャー)」として、法を無視して悪に制裁を下す!!。

~前述のように全編が過激なアクション漬け~

 内容的には誤って妻子を持つFBIの潜入捜査官を射殺してしまい、"引退しよう"と悩む「フランク」のシリアスな場面なども描かれています。
──が、結局は"バイオレンス"な銃撃&破壊アクションにて、塗り潰されます。

 個人的にはもう少し"グロさ"を控えれば、間口が広くなったと思う【アクション】映画です。
原作を知らないので何とも言えませんが。("グロさ"を無くすと持ち味がなくなってしまうのかな?。)

 若かりし「ショーン・コネリー」似の主人公の"渋さ"がとても印象に残った作品です。

(記:スッタコ小僧)

« 【アニメ】『東のエデン 劇場版Ⅰ』を見た | トップページ | 【アニメ・ゲーム】4月10日(土)~4月13日(火)雑記 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【映画】『パニッシャー:ウォー・ゾーン』を見た:

« 【アニメ】『東のエデン 劇場版Ⅰ』を見た | トップページ | 【アニメ・ゲーム】4月10日(土)~4月13日(火)雑記 »

2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ