« 【映画】『96時間』を見た | トップページ | 【アニメ・ゲーム】3月2日(火)~3月12日(金)雑記 »

2010年3月12日 (金)

【書籍】『エッジウェア卿の死』再読

 「アガサ・クリスティー」著、お髭が自慢で謙虚を知らない名探偵「ポアロ」と"犯人の策略を映す鏡!?"、親友「ヘイスティングズ大尉」の活躍を描く【推理小説】です。

 著者の作品を読むといつも感じるのですが、「なぜ、いつも、こんなにスラスラ読めるのだろう」
事件自体は読み終わってみると「成る程、犯人は"あの人"しかいなかったな。」と感じ、読んでいる途中からも薄々分かります。
全然見なくなったテレビ2時間モノの推理ドラマと同じで配役から・・・・・・少ない登場人物達の中から名探偵「ポアロ」に太刀打ちできる人物はかなり限定されるので。

 それでも全然、読むスピードは減速する事はありません。
提示されている手掛かりから「ポアロ」の試行過程を辿る事ができると「ヘイスティングズ大尉」は"やきもき"ですが、「ポアロ」の"じらす"台詞(ヒント)が堪らなくなります。

~~~
 大女優「ジェーン・ウイルキンスン」──「エッジウェア卿」夫人から「ポアロ」に依頼あり。
夫「エッジウェア卿」との離婚問題を解決して欲しいと・・・・・・。
普段は離婚問題などは扱わない「ポアロ」でしたが、「エッジウェア卿」に興味があり、引き受ける事に。
そして「エッジウェア卿」を訪れると・・・・・・拍子抜け!?、「エッジウェア卿」は"あっさり"承諾、しかも6ヶ月前に離婚する旨、承知したとの手紙も出しているとの事。
 はてさて、依頼もこれで終わりかと思いきや、「エッジウェア卿」殺害事件発生──そして、事件発生直前には「ジェーン・ウイルキンスン」と大声で騒いでかの女優が訪れていた!!。

 事件の動機もなくなったのに何故!?、はたして事件の真相は──。
~~~

 最後に著者の作品リストへのリンクを──

『アガサ・クリスティー百科事典』 

次は「ミス・マープル」か、偶には著者のノン・シリーズ作品を読むかな。

(記:スッタコ小僧)

« 【映画】『96時間』を見た | トップページ | 【アニメ・ゲーム】3月2日(火)~3月12日(金)雑記 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【書籍】『エッジウェア卿の死』再読:

« 【映画】『96時間』を見た | トップページ | 【アニメ・ゲーム】3月2日(火)~3月12日(金)雑記 »

2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
無料ブログはココログ