« 【アニメ】『ホッタラケの島 遥と魔法の鏡』を見た | トップページ | 【書籍】『エッジウェア卿の死』再読 »

2010年3月 8日 (月)

【映画】『96時間』を見た

 「リーアム・ニーソン」主演、"親父"大暴走の【アクション】映画です。

 《あの宣伝を見て期待しない方が無理です》、ずっと楽しみにしていました。
丁度、タイミング良く1本残っており、レンタルできました。
最近は宣伝通りの作品は少なくて、膨らんだ期待を裏切る作品が多いだけにちょっぴり心配だったのですが・・・・・・

~杞憂でした、"親父"格好良い、渋さ&迫力全開です。~

~~~
 始まりは娘の誕生日から──誕生日プレゼントを慎重に確認する「ブライアン・ミルズ」(「リーアム・ニーソン」)。
家庭より仕事を優先させていた日々のツケ・・・・・・仕事を引退後は寂しく一人暮らしです。(娘は大金持ちとの再婚を控えた母親と大邸宅&大誕生日パーティー&大プレゼント。)
 娘を溺愛、友達とのパリへの旅行を渋々承諾したパパ「ブライアン」──電話を欠かさずかけるとの約束にて。
既にパリに着いているはずなのに娘からなかなか到着の電話がかかって来なくて、やきもきする親父「ブライアン」。
 そしてかかってきた電話は・・・・・・娘からの助けを求める内容だった!!。
~~~
 ここで、宣伝でお馴染みの痺れる"親父警告"、あとはノンストップで捜査→アクション→捜査→アクション・・・・・・です。

 事件発生までが意外と長かったのですが、そこが事件発生後の"親父"大爆発を際立たせてくれます。

 アクションはド派手ではなく、渋みの溢れる「リーアム・ニーソン」に似合った"シャープ"な内容です。
派手派手ばかり・もうネタが尽きてしまったとも思われる【アクション】映画ですが、派手な/奇想天外なアクションばかりが求めるモノではないといった点と見せてくれます。(設定・ストーリー・盛り上げ所の緩急が肝。)

(記:スッタコ小僧)

« 【アニメ】『ホッタラケの島 遥と魔法の鏡』を見た | トップページ | 【書籍】『エッジウェア卿の死』再読 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【映画】『96時間』を見た:

« 【アニメ】『ホッタラケの島 遥と魔法の鏡』を見た | トップページ | 【書籍】『エッジウェア卿の死』再読 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

リンク