« 【アニメ・ゲーム】2月14日(月)~2月20日(土)雑記 | トップページ | 【書籍】『デルフィニア戦記 第Ⅲ部 動乱の序章 3・4』再読 »

2010年2月26日 (金)

【書籍】『ダウスに堕ちた星と嘘 薬屋探偵怪奇譚』読破

 「高里椎奈(たかさと・しいな)」著、表は薬屋・裏は人と妖のゴタゴタを解決する探偵──妖三匹(!?)が遭遇する事件を描く、【"妖"小説】です。

 正直、"人"側の事件解明は腑に落ちないし、謎らしい謎もない。
"妖"側の事件解明にて「なんとか」持ちこたえている──と感じました。

 本シリーズでは同様の感想を以前も記載しているかも知れませんが、端的に言うと

~諸々、伝わってこない。~

 とても緻密な文章、または簡素な文章なのですが、目に浮かぶ情景を描く色々な作者がいます。
本作は「どちらでもない」のですが、全く絵が浮かばない、《伝わってこない》。(他の作品で浮かぶだけに、私の想像力不足ではないと思うのですが・・・・・・。)
"妖"──"非日常"を描いているから?・・・・・・いやいや、普通の"日常"部分も同様です。

 登場人物達も同様です。
色々と趣向を凝らしている感じは"ひしひし"と伝わってくるのですが・・・・・・いまいち印象に残らない、希薄です。
"妖"だから・・・・・・いやいや、普通の"人(人間)"の登場人物も同様です。

 うーん、本作品の良かった点は・・・・・・と頭を捻ると

~表紙(&裏)のオブジェ~

やっと「リベザル」の同居者、「斑目(まだらめ)」と「灯視(ほし)」を"見る"事ができました。

~~~
 人が地中に埋まる!?、奇妙な"落とし穴"事件が多発する公園。
その公園に秘められた、「リベザル」も関わりのある(師匠&兄貴不在時の)"過去の事件"とは・・・・・・。
~~~

 最後に前作(~怪奇譚シリーズ)までの感想へのリンクを──

『ソラチルサクハナ 薬屋探偵怪奇譚』
『天上の羊 砂糖菓子の迷児(まよいご) 薬屋探偵怪奇譚』

(記:スッタコ小僧)

« 【アニメ・ゲーム】2月14日(月)~2月20日(土)雑記 | トップページ | 【書籍】『デルフィニア戦記 第Ⅲ部 動乱の序章 3・4』再読 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【書籍】『ダウスに堕ちた星と嘘 薬屋探偵怪奇譚』読破:

« 【アニメ・ゲーム】2月14日(月)~2月20日(土)雑記 | トップページ | 【書籍】『デルフィニア戦記 第Ⅲ部 動乱の序章 3・4』再読 »

2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ