« 【書籍】『十一月は天使が舞い降りた見立て殺人』読破 | トップページ | 【書籍】『煌夜祭(こうやさい)』読破 »

2010年2月 6日 (土)

【映画】『ターミネーター3』再見

 監督が「ジョナサン・モストウ」監督に変わり、「アーノルド・シュワルツェネッガー」主演を"前面に押し出した"【SF・アクション】シリーズ第三弾です。

 第三作目は多くのシリーズ作品でいわば"鬼門"です。
本作では【女性型・敵ターミネーター】、【"へたれ"となっている未来の人類救世主「ジョン・コナー」】、【"驚愕"の結末】と《奇抜・意外さ》に走っています。(前作のせっかくの結末が・・・・・・。)
「そんなに機械vs.人間の悲惨な戦争未来を描いた続編が撮りたいのか。」と。(CG技術が進歩している中、確かに迫力のある映像となるだろうけど。)

 ただし、そんな否定的な感情をうまく消してくれたのが【オイル臭さ、熱気漂うアクション】です。
『~2』以上の【アクション】はもう出てこないだろうなぁと思っていたのですが、負けず劣らずの迫力を持つ映像──。
『~2』はどちらかと言うと"Cool"な映像だったのですが、こちらは"Hot"──当時、CG等を駆使した斬新な映像/類似の映像に食傷気味だった所に良い刺激を与えてくれました。
その点は敵「ターミネーター」の衣装の色にも現れていたのかな・・・・・・。(監督の狙い通り!?)

~~~
 「審判の日」が予定された日は何事もなく過ぎ去った──。
ただし、機械との戦争の夢に怯えて"逃げ続ける"日々をおくる「ジョン・コナー」。
そんな「ジョン」の前に再び二人の「ターミネーター」が現れる!!。
~~~

 さて最後に前作までの感想へのリンクを──。
これでやっと『~4』を視聴できます。

『ターミネーター』
『ターミネーター2 特別編』

(記:スッタコ小僧)

« 【書籍】『十一月は天使が舞い降りた見立て殺人』読破 | トップページ | 【書籍】『煌夜祭(こうやさい)』読破 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【映画】『ターミネーター3』再見:

« 【書籍】『十一月は天使が舞い降りた見立て殺人』読破 | トップページ | 【書籍】『煌夜祭(こうやさい)』読破 »

2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ