« 【書籍】『1000の小説とバックベアード』読破 | トップページ | 【書籍】『邪悪の家』再読 »

2010年1月13日 (水)

【書籍】『クラッシュ・ブレイズ マルグリートの輪舞曲(ロンド)』読破

 「茅田砂胡(かやた・すなこ)」著、主役級の登場人物・人外「ルウ」の力により「もう何でもござれ」、著者が描きたい話&読者が期待している話が盛り沢山の【SF・ファンタジー】第十一弾です。
今作は宇宙一の大女優、そして最強夫婦の妻「ジャスミン」の親友でもある「ジンジャー・ブレッド」の舞台を接点に、三者三様の視点から事件に遭遇です。(3話の中編集の形態をとっています。)

何と言っても、本作の読み所は

~姉を傷つけた大学フットボールのスター選手に「同じ痛みを─」と「リィ」が復讐の為に「ルウ」の力により、『デルフィニア戦記』の王妃の容貌に戻る

部分です。

加えて、「ヴァンツァー」が「ジンジャー」の頼みによりこれまた「ルウ」の力にて、「ジンジャー」の恋人に相応しい年齢に変身・・・・・・今後の進展が気になる部分でもあります。

そして、「これでもか」とばかりに最強夫婦のデート・・・・・・「ジンジャー」の舞台を見にゴージャスに正装して登場です。

 もちろん、このメンバが揃うと事件が向こうからやってきます。
"通常"の凄腕達が歯が立つわけもなく──大暴れの展開が待っています。

最後は、今まで読んだシリーズへの感想へのリンクを──

『クラッシュ・ブレイズ 嘆きのサイレン』
『クラッシュ・ブレイズ スペシャリストの誇り』
『クラッシュ・ブレイズ ヴェロニカの嵐』
『クラッシュ・ブレイズ パンドラの檻』
『クラッシュ・ブレイズ オンタロスの剣』
『クラッシュ・ブレイズ ソフィアの正餐会』
『クラッシュ・ブレイズ 大峡谷のパピヨン』
『クラッシュ・ブレイズ ミラージュの罠』
『クラッシュ・ブレイズ 夜の展覧会』
『クラッシュ・ブレイズ サイモンの災難』

(記:スッタコ小僧)

« 【書籍】『1000の小説とバックベアード』読破 | トップページ | 【書籍】『邪悪の家』再読 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 【書籍】『1000の小説とバックベアード』読破 | トップページ | 【書籍】『邪悪の家』再読 »

2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ