« 【アニメ】『モンスターvsエイリアン』を見た | トップページ | 【書籍】『クラッシュ・ブレイズ 大峡谷のパピヨン』読破 »

2009年12月 2日 (水)

【書籍】『青列車の秘密』再読

 「アガサ・クリスティー」著、「ヘイスティングズ」が出てこないのは残念ですが、引退した「ポアロ」が「ブルー・トレイン」にて遭遇した殺人事件に挑む【推理小説】です。

当初、本作品を読んだ時は「なんとなく納得がいかなかった」・・・・・・という記憶があります。
"○○"がいたという所が、《当時の私》には受け入れられなかったのでしょうか。(今は全然気になりませんが・・・・・・。)
前述の通り、本作では「ワトソン」役の「ヘイスティングズ」が出てこないのが残念ですが、代わりの相棒達!?

■突然の遺産相続により裕福になった女性「キャサリン・グレー」
■少しの登場ですがいい味を出している「ポアロ」の執事

が盛り上げてくれています。

~~~
 夫の浮気に怒り心頭、大富豪である父親の忠告に従い離婚の決意を固めた大富豪の娘「ルース」。
お金に窮している夫は離婚されたら、破滅を待つのみ。
そんな状況で、「ブルー・トレイン」の中で「ルース」が死体で発見される・・・・・・。
無くなった宝石、本人に間違いないが死後何故か顔を強打されている死体、「ブルー・トレイン」に偶然一緒に乗り合わせていた夫とその愛人、果たして事件の真相は──。
~~~

最後に著者の作品一覧へのリンクを──

『アガサ・クリスティー百科事典』

(記:スッタコ小僧)

« 【アニメ】『モンスターvsエイリアン』を見た | トップページ | 【書籍】『クラッシュ・ブレイズ 大峡谷のパピヨン』読破 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【書籍】『青列車の秘密』再読:

« 【アニメ】『モンスターvsエイリアン』を見た | トップページ | 【書籍】『クラッシュ・ブレイズ 大峡谷のパピヨン』読破 »

2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
無料ブログはココログ