« 【アニメ・ゲーム】11月23日(月)~11月28日(土)雑記 | トップページ | 【映画】『光る眼』を見た »

2009年11月29日 (日)

【書籍】『れんげ野原のまんなかで』読破

 「森谷明子(もりや・あきこ)」著、図書館を舞台に不思議・不可解な事件を描く連作短編集、【推理小説】です。
新米(!?)司書「文子」の視点にて図書館または近隣で発生する不思議な出来事を描き、先輩「能勢」の推理にて真相到達です。

~"図書館"(機能・設備など)をうまく利用した事件の謎には感心~

しますが、それが《謎と推理の面白さ》と直結していないのが残念なところ
まあ、収蔵している"本の内容"に関わる謎だとその本を読んだ事がある人は「ニヤリ」ですが、読んでいない人は「ぽかーん(サッパリ)」なので、"図書館"への目の付け所はGoodなのですが。
事件発生時点にて何となく"バック"が分かる点が、発生した事象の不可解さと真相の"隠し不足"──。

■「霜降─花薄、光る。」
 小学生が閉館時間後、隠れて図書館で過ごそうとする事件が頻発する。
そしてギターケースの落し物、中にはカップ麺が一杯!?。
小学校で流れる噂と裏に潜む真相とは──。

■「冬至─銀杏黄葉」
 洋書絵本が勝手に並べられる出来事が発生する。
何かの暗号!?、事件に潜む淡い思い──。

■「立春─雛支度」
 図書館の貸し出し情報が流出!?。
図書館の地主が商うコンビニにてコピーの忘れ物あり。
そこには、外部に出るはずのない貸し出しリストが──。
調べるとその貸し出し者達は皆、図書館を利用した事がない!!──本、盗まれる!!!。

■「二月尽─名残の雪」
 大雪の日・・・・・・図書館は閉館となり、自宅に帰れない「文子」は近くの地主さんの家に泊まる事に。
地主が語る「幼い頃、雪女に会った」話──話の裏に潜む真相とは如何に。

■「清明─れんげ、咲く」
 図書館にお客を招き始めた!?、レンゲソウが咲いた野原にて観光名所を目指す。
しかし、そこに隠された過去とは──。

(記:スッタコ小僧)

« 【アニメ・ゲーム】11月23日(月)~11月28日(土)雑記 | トップページ | 【映画】『光る眼』を見た »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【書籍】『れんげ野原のまんなかで』読破:

« 【アニメ・ゲーム】11月23日(月)~11月28日(土)雑記 | トップページ | 【映画】『光る眼』を見た »

2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ