« 【書籍】『れんげ野原のまんなかで』読破 | トップページ | 【書籍】『血吸村へようこそ(3)』読破 »

2009年11月29日 (日)

【映画】『光る眼』を見た

 「ジョン・カーペンター」監督お得意の映像&"怖さ"が光る【SF・ホラー】映画です。
見た顔ばかりの豪華出演者達、主人公は「クリストファー・リーブ」(『スーパーマン』)、老神父役で「マーク・ハミル」(『スター・ウォーズ』)、ちょびっとで退場ですがアクション映画の雄(!?)「マイケル・パレ」)が繰り広げる非日常──ちょっとB級っぽい所がお馴染みである監督の"味"を出しています。
明確にお化けとは化物を出してくる作品より、(最後は銃撃・爆破ありの派手派手での締めですが、)ヒンヤリ・ゾクッとくる作品です。

~~~
 小さな町「ミッドウィッチ」にてある日のAM10:00~PM4:00、町人全員が意識を失う事件が発生する。
その後、女性達の妊娠が発覚し、生まれてきた子供達は皆、独特の連帯感を持ち不思議な力を駆使する。
果たして"彼ら"の正体、そして町に降りかかる数々の事件の結末は──。
~~~

 当初、一度見た映画かなと思っていたら、どうやら「デヴィッド・クローネンバーグ」監督の『スキャナーズ』と混同していたみたい。

(記:スッタコ小僧)

« 【書籍】『れんげ野原のまんなかで』読破 | トップページ | 【書籍】『血吸村へようこそ(3)』読破 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【映画】『光る眼』を見た:

« 【書籍】『れんげ野原のまんなかで』読破 | トップページ | 【書籍】『血吸村へようこそ(3)』読破 »

2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ