« 【アニメ・ゲーム】10月6日(火)~10月10日(土)雑記 | トップページ | 【映画】『ラスト・ブラッド』を見た »

2009年10月11日 (日)

【書籍】『茶色の服の男』再読

 「アガサ・クリスティー」著、うら若き女性「アン・ベディングフェルド」の冒険──【冒険(メロドラマあり)&ミステリー】小説です。

悪の組織を操る"大佐"と呼ばれる人物、過去のダイヤモンド盗難事件、現代にて発生した殺人事件・・・・・・偶然、ある事故現場に居合わせた事から事件に巻き込まれたヒロイン。
ロンドン→船→アフリカと陸地、船上と変わる舞台。

加えて、著者の《犯人隠しの妙》がいつも通り"光る"作品です。

本作について利用しているトリック・・・・・・今回はなるべく著者の作品順に読んでいる事と「あとがき」の記載にて、「そうだったのか。」と新たな発見がありました。
(まあ、ほんのちょっとした事ですが。)

 それにつけても本当に著者の作品は"異常に読み易い"作品──スラスラ読めます。

 最後に著者の作品一覧へのリンクを──

『アガサ・クリスティー百科事典』 

(記:スッタコ小僧)

« 【アニメ・ゲーム】10月6日(火)~10月10日(土)雑記 | トップページ | 【映画】『ラスト・ブラッド』を見た »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【書籍】『茶色の服の男』再読:

« 【アニメ・ゲーム】10月6日(火)~10月10日(土)雑記 | トップページ | 【映画】『ラスト・ブラッド』を見た »

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

リンク