« 【アニメ・ゲーム】9月25日(金)~9月29日(火)雑記 | トップページ | 【書籍】『赤い拇指紋』読破 »

2009年10月 1日 (木)

【映画】『ノーカントリー』を見た

 独特な"容貌"(髪型)と個性的な"凶器"の殺し屋が印象的な「コーエン兄弟」監督の【サスペンス】映画です。

 まず、吃驚したのは《BGMがない事》です。
 【自然の音】のみで事態は進行します。

上記の影響か、いやに"リアル感"と(ホラー映画ではないのに)"恐怖"を誘う・・・・・・。

~~~
 壮絶な銃撃戦後・・・・・・麻薬の取引現場にて大金を掠めた「モス」(「ジョシュ・ブローリン」)。
しかしその金を追って、無口 or 多弁、鈍重・・・いや、素早い殺し屋「シガー」(「ハビエル・バルデム」)の執拗な追跡が──。
~~~

 私は配役より保安官である「トミー・リー・ジョーンズ」の活躍に期待していましたが・・・・・・"そういう映画ではない"(事を思い知りました)。
"狂気"なのか・・・・・・いや、独自の"ルール"に従う殺し屋&時代に取り残される寂しい役となっています。

それにしても、なんとも《もやもや感》が残る結末──スタッフロール後に何かあるのかと思っていたのですが。

(記:スッタコ小僧)

« 【アニメ・ゲーム】9月25日(金)~9月29日(火)雑記 | トップページ | 【書籍】『赤い拇指紋』読破 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【映画】『ノーカントリー』を見た:

« 【アニメ・ゲーム】9月25日(金)~9月29日(火)雑記 | トップページ | 【書籍】『赤い拇指紋』読破 »

2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ