« 【書籍】『黒影(かげ)の館 建築探偵桜井京介の事件簿』読破 | トップページ | 【映画】『ノーカントリー』を見た »

2009年9月30日 (水)

【アニメ・ゲーム】9月25日(金)~9月29日(火)雑記

 だんだんと【最終回】を迎える作品が増える中、全体的な感想は「可もなく不可もない・・・」。
王道パターンばかりというか、奇抜なモノはなかったなぁ。(「えー、ここで終わりかよ。」と言った作品も少ないので良かったかな。)

□表中「区分」の意味
A:アニメ
C:コミック
G:ゲーム
-:その他

表.[09/09/25(金)]鑑賞アニメ,プレイゲーム
区分 作品名 補足 メモ
A 大正野球娘。 第12話 【ピックアップ】参照。
G ストリートファインターⅣ PC [ダルシム],[セス]にテレポート有効。

【ピックアップ】[09/25]

■『大正野球娘。』
 【最終回】です。
意外と"普通"(王道)の結末を迎えました・・・・・・まあ、ここで意表の突いた結末を持ってこられても「はて?」となってしまうので、良かったのかな。

 魔球を投げるタイミングがバレて、一気に逆転される・・・・・・9-3。
けれども、バット「こてつ」が火を噴き、9-7で最終回です。
最終回は「親父応援Power」で「小梅」が出塁、「晶子」vs.婚約者(投手)の戦いの行方は──。

表.[09/09/26(土)]鑑賞アニメ,プレイゲーム
区分 作品名 補足 メモ
A 涼宮ハルヒの憂鬱 09/09/26 [北高祭]初日,軽音部[ENOZ]で[ハルヒ]熱唱。
G シャイニング・ザ・ホーリィアーク SS 迷宮探索が楽しー。
G レイヤーセクション SS 他ソフト集中の為,以降一休憩。
A アラド戦記ステップアップパーティー 第19話 【ピックアップ】参照。
第20話 天界の[ベヒーモス]とは?;[リュンメイ]の過去。
第21話 パーティー解散!?,[天城]目指して再び・・・集結,そして終結へ。
G ストリートファイターⅣ PC [ダルシム],[アベル]苦手;[ザンギエフ]絶好調。

【ピックアップ】[09/26]

■『アラド戦記ステップアップパーティー』
 終盤近くになって"色々"持ち出してきたなぁ、忘れているキャラを"色々"と投入されるのも困りモノ。

「天界」へ続く町「ウエストコースト」に到着・・・・・・あれっ、ここを目指していたんだっけ。
「バロン」は殺人容疑で捕まって・・・・・・えっ、スパイ、大国!?、「レオン皇帝」!?、影が薄かった設定が続々。
加えて「ステラ」再登場・・・・・・なんで?、えっ「お兄様」って。

 久しぶりに見たからかなぁ・・・・・・取って付けたような展開に"置いてけぼり"。

表.[09/09/27(日)]鑑賞アニメ,プレイゲーム
区分 作品名 補足 メモ
- K-1 WORLD GP 2009 09/09/26 【ピックアップ】参照。
A 懺・さよなら絶望先生 第14話 【ピックアップ】参照。
A GA 第12話 【ピックアップ】参照。
A アラド戦記ステップアップパーティー 第22話 【ピックアップ】参照。
第23話 [ベヒーモス]へ上陸,[アガンゾ]登場・・・語られる真実。
第24話 [ハイネ],正体を現す。
第25話 【ピックアップ】参照。
第26話
A プリンセスラバー! 第10話 回想&[ハルトマン]攻勢,主人公復活。
第11話 生き様≒刀,姫が囚われる列車での戦い。
第12話 【ピックアップ】参照。

【ピックアップ】[09/27]

■『K-1 WORLD GP 2009開幕戦』[スポーツ番組]
 "リベンジ"、"世代交代"、"新たな強選手"と見所たくさんの今回の大会──。

・「レミー・ボンヤスキー」vs.「メルヴィン・マヌーフ」
 去年の決勝戦の内容が響いているのですが、毎回「2008王者」の扱いが目立たない。(OPも然り。)
相手選手の気性(&ファイトスタイル)にて活発な試合となると思いきや、一転「睨み合い」が続く意外な展開で、判定決着です。

・「ピーター・アーツ」vs.「アリスター・オーフレイム」
 38歳の「アーツ」選手、決勝に進んで欲しかった・・・・・・。
パワーに押されて、17年の記録が──。

・「セーム・シュルト」vs.「ダニエル・ギタ」
 私の中では一番の注目試合でした・・・・・・流石、元王者の貫禄。
巨体同士なのですがとてもスピード感ある試合、だんだんと「シュルト・タイム」となってきて・・・・・・。

・「ジェロム・レ・バンナ」vs.「武蔵」
 14年、お疲れ様・・・・・・。
同じ'95年生同士の闘い、パンチ・パンチの応酬で目の離せない、熱くなる試合でした。
できれば、延長戦が見たかったのですが、最後の最後に──。

・「エロール・ジマーマン」vs.「グラウベ・フェイトーザ」
 パンチvs.キック、「グラウベ」選手、後もう一歩(一撃)だったのですが──とても残念です。

・「ルスラン・カラエフ」vs.「京太郎」
 回避する格好が影響しているのかな・・・・・・ブーイングあり。(的確な防御、回避だったのですが。)
"攻め"に転じるのが遅かったかな、攻撃にまわったときには結構、押していたと思うのですが。

・「エヴェルトン・テイシェイラ」vs.「シング"心"ジャディブ」
 ハイライト・・・・・・。

・「バダ・ハリ」vs.「ザビット・サメドフ」
 体格差で圧倒し、最後はボディブローで決め。

■『懺・さよなら絶望先生』
 【最終回】です。
5月、12月と色々な季節を持ってきましたが・・・・・・う~ん、不完全燃焼。
"うったり"、"すんすん"の擬音に"毛布探し"、締めは「きよひこ(の夜)」。
ちょっと、最後の最後に"ずるー"っと滑って終了の印象が・・・・・・逆にインパクトはありましたが。

■『GA』
 【最終回】です。
最後は美術豆知識を封印し、"仲間"で終了!?。
「ナミコ」が風邪で休みで、寂しい面々。
「ナミコ」復活後、お泊り会で「ノダ」提案のより「闇鍋」⇒「カオス鍋」。
"悪ノリは計画的に─"、一番印象に残ったのは「ノダ」と・・・・・・「素猫」かな。

■『アラド戦記ステップアップパーティー』
第22話:
 「カペンシス」って"天界人"だったんだ、加えて龍王(!?)「バカル」と"天界"の歴史を披露。
この終盤で詰め込みすぎだって。
 塔の守り主「ジグハルト」に敗退で塔から落下と思ったら、空中帆船「パルト」登場。
脇役一人一人の出番が一回とかそこらなので、(質の悪い)"つぎはぎ"に感じてしまう。(回想部分で補ってはいるのですが──。)
第25話:
 「ベヒーモス」が「アラド大陸」へ落下する危機!!・・・・・・なんですが、"かったるい"流れ。
なんだろう、"流れ"があまりにも単調なのかな・・・・・・久しぶりの終盤"鬼化"といい。
第26話:
 【最終回】です。
今までの登場人物、脇役を含め"総登場"です。
それにしても千年に一度の涙で"たった一人"とは──。

 なんでだろう、続編を予定しているのか、"何か"を控えている為、《完全結末》はNGだったのでしょうか。
消化不良です。

■『プリンセスラバー!』
 【最終回】です・・・・・・まあ、これまでを振り返ると"狙い通り"の作品だったかな。
ただ、「ハルトマン」の動機や主人公の両親殺害犯があまりにも唐突に判明、終了とは──ちょっと"ストーリー的には"拍子抜けです。

表.[09/09/28(月)]鑑賞アニメ,プレイゲーム
区分 作品名 補足 メモ
A 化物語 第10話 【ピックアップ】参照。
第11話

■『化物語』
第10話:
 おっ、4/29からのゴールデンウィーク部分を大きく扱うとは・・・・・・。
怪異【障り猫】により第一次「ブラック羽川」登場、その顛末とは──。
第11話:
 【最終回】です。
 「ヒタギ」とのデート部分が話数的に描かれないないのかなと思ったら・・・・・・ちゃんとこの"初デート"エピソードを描いてくれました。
「ツッコミはいつも腕白」・・・・・・テレビシリーズでは少し"Power"減ですが、やはり会話が面白い本作。
 「羽川翼」エピソードが減ったのは残念ですが、二人夜空を見ながらと"きりの良い"終わりでした。

 "文字(活字)"演出以外の"パロディ(!?)"演出は余分だったと感じました。
まあ、"雑多"な感じがなんとなく原作の雰囲気を思い起こさせる点もありましたが・・・・・・。
でも正直言うと初めに感じた通り、"絵"で勝負──冒険して欲しかったなぁと思います。

表.[09/09/29(火)]鑑賞アニメ,プレイゲーム
区分 作品名 補足 メモ
** *** ** **********

【ピックアップ】[09/29]
う~ん、疲れた。

(記:スッタコ小僧)

« 【書籍】『黒影(かげ)の館 建築探偵桜井京介の事件簿』読破 | トップページ | 【映画】『ノーカントリー』を見た »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【アニメ・ゲーム】9月25日(金)~9月29日(火)雑記:

« 【書籍】『黒影(かげ)の館 建築探偵桜井京介の事件簿』読破 | トップページ | 【映画】『ノーカントリー』を見た »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

リンク