« 【書籍】『スナイパーズ・アイ 天命探偵 真田省吾2』読破 | トップページ | 【書籍】『闇に問いかける男』読破 »

2009年9月 1日 (火)

【映画】『デトロイト・メタル・シティ』を見た

 「若杉公徳」原作【コミック】を「松山ケンイチ」さんにて《実写化》、【コメディ】・・・・・・終盤は少しホロリとさせる【アットホームなコメディ】映画となっています。
【コミック】は5巻ぐらいまでは読んでいたのですが、最近はとんとご無沙汰。

さて《実写化》の出来はというと

~田舎発→上京→大学生活→ポップミュージック研究会→「デスレコード」着~

の原作では薄かった(?)部分の映像化でまず目を惹き、そして待ちに待った「クラウザー」姿登場で固定──いい滑り出しで開始です。

ちょっと描写はソフトになってきていますが、原作の【持ち味(笑い)】部分を持ってきて

~ああ、いいエピソード(場面)を持ってきている~

と感じさせます。
ただ、女性グループとのバンド対決の原作にあったあの火事部分が欠落したのが残念・・・・・・でも、ヒロイン役「加藤ローサ」さんとの間が映画では全編を通してキーとなっていることから仕方が無いか。

 とにかく「松山ケンイチ」さんの《頑張りっぷり》が際立った作品です。(「加藤ローサ」さんももう一つ弾けて欲しかった、周りの人物達のインパクト/爆発っぷりが大きいだけに・・・。)

単純な《実写化》ではなく、1時間44分でうまくストーリーがまとまっていました。
大爆笑はなかったものの、シュールな映像と共に「ニヤニヤ」して見れた作品です。

~~~
音楽で夢を与える、「ノーミュージック、ノードリーム」・・・・・・ポップミュージックをやりたかった「根岸」君。
どこでどう間違えたか「デスメタル」のカリスマ的存在に!!
~~~

(記:スッタコ小僧)

« 【書籍】『スナイパーズ・アイ 天命探偵 真田省吾2』読破 | トップページ | 【書籍】『闇に問いかける男』読破 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【映画】『デトロイト・メタル・シティ』を見た:

« 【書籍】『スナイパーズ・アイ 天命探偵 真田省吾2』読破 | トップページ | 【書籍】『闇に問いかける男』読破 »

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

リンク