« 【書籍】『クラシックシリーズ8 ヘーメラーの千里眼 完全版 上・下』読破 | トップページ | 【アニメ・ゲーム】8月14日(金)~8月18日(火)雑記 »

2009年8月17日 (月)

【アニメ】『千年女優』を見た

 「今敏」監督の【ラブストーリー】でしょうか、もちろん【笑い】も随所にあります。
当初、別の作品と混同していたみたいで「おっそろしい(恐怖)」作品と勘違いしていました。

~どこまでも会いに/愛に~

昭和の大女優「藤原千代子」の回想を

~構成の【妙】にて~

時代劇、果てはSFまでの様々な《映画の場面を交えて》魅せてくれます。
加えて、いつもの(!?)独特のBGMも聴きどころです。

ただの回想だったら何て事ない映像を前述の《映画の場面》を交える事で、映像的にも話的に格段に興味を沸かせる展開となっています。(この点がアニメならでは・・・・・・と言ったところでしょうか。)
加えて、インタビュアーの女優の大ファン「立花」のコメディ面がまたいいアクセント、映画回想場面にも乱入し「立花」七変化にて最後まで笑わせてくれます。

・「千代子」の【想い人】の残した鍵の謎が解明されていない
・【想い人】の行く末に捻りがない(最後まで何かあるのか勘繰ってしまった)

などの少し消化不良の面もありましたが、最後の「千代子」の【心情吐露】(一言)にて《納得》・・・・・・(それらの回答/結末は)別にいいやと。
(鍵の秘密は・・・・・・映画『ターミナル』みたいに缶の秘密を明かされて、微妙な雰囲気で終了するのも困りモノなので、未解明で良かったかな。)

(記:スッタコ小僧)

« 【書籍】『クラシックシリーズ8 ヘーメラーの千里眼 完全版 上・下』読破 | トップページ | 【アニメ・ゲーム】8月14日(金)~8月18日(火)雑記 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

鍵の男は象徴でしょ?
だから明るいシーンでも顔は見えないし、人物として描かれてない
描かれたのは千代子からのイメージ像だけ

なるほど。
特に原作小説もないので、"積み残し"ではないと感じつつ、何らかの意味が込められているのだろうなぁ・・・と思っていましたが、きちんと使い分けられていたとは気づきませんでした。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【アニメ】『千年女優』を見た:

« 【書籍】『クラシックシリーズ8 ヘーメラーの千里眼 完全版 上・下』読破 | トップページ | 【アニメ・ゲーム】8月14日(金)~8月18日(火)雑記 »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ