« 【アニメ】『TMNT ミュータント・タートルズ』を見た | トップページ | 【アニメ】『劇場版 空の境界 忘却録音』を見た »

2009年7月31日 (金)

【書籍】『奇跡審問官アーサー 死蝶天国(バグズ・ヘブン)』読破

 「柄刀一(つかとう・はじめ)」著、不可能・不可思議な事件を見抜く、楽しみにしていた「アーサー」シリーズ第二弾です。
正直、著者の作品にはあまりいい印象を持っていないのですが()、「奇跡審問官アーサー」だけは別──キャラというか、設定の魅力で楽しめます。

~ただ、最近は科学的なトリックを扱う作品が増えて本作に記載されている知識も、なんだか《身近》になってしまった。~

なので、読んでいる内に謎が分かるのがほとんど・・・・・・ちょっと現象・事態の《不思議さ》が減少・減退です。

~~~
 「列聖」──偉大な業績のあったカトリック信者を「聖者」に列すると認定する事。
 「聖者」以外にも「福者(ふくしゃ)」、「尊者」に列せられるケースあり。
その条件は故人であることの他に

・信仰者として崇高な生涯をまっとうした事を大勢が認める必要がある。
・「福者」になる為には一つ、《奇跡》を行なっている事。
・「聖者」になる為には二つ以上の《奇跡》を行なっていなければならない。

上記の《奇跡》の認定を行なうのが「奇跡審問官」です。

 「奇跡審問官アーサー」が出遭う摩訶不思議な現象/事件とは如何に・・・・・・。

■「バグズ・ヘブン」
 千里眼を持つと評判のお婆さんが密室で刺殺!?・・・・・・いや、何故か天窓だけが開閉可能だった。
天窓の上に聳える崖を訪れていた男が逮捕されるが──。
 室内に倒れていた短くなったお婆さんの杖に「アーサー」の目が光る!!。

■「魔界への十七歩」
 館の主人が真上からの銃撃により死亡・・・・・・。
事件発生時に犯行を行なう時間を要する人物は存在せず、外の階段の雪には何者かの足跡が──ただし、出ていく足跡はなし。

■「聖なるアンデッド」
 腐乱しない奇跡の死体、そして動いて人に害する死体・・・・・・。
住民達が奇跡に沸き、恐怖する・・・・・・平行する謎と事件の背後には何が──。 

■「生まれゆく者へのメッセージ」
(おまけのショートショートと言ったところでしょうか。)
~~~

 一つでも未知の謎(トリック)があれば良かったのですが・・・・・・残念。

(記:スッタコ小僧)

« 【アニメ】『TMNT ミュータント・タートルズ』を見た | トップページ | 【アニメ】『劇場版 空の境界 忘却録音』を見た »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【書籍】『奇跡審問官アーサー 死蝶天国(バグズ・ヘブン)』読破:

« 【アニメ】『TMNT ミュータント・タートルズ』を見た | トップページ | 【アニメ】『劇場版 空の境界 忘却録音』を見た »

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

リンク