« 【書籍】『シャーロック・ホームズ最後の挨拶』再読(?) | トップページ | 【映画】『僕らのミライへの逆回転』を見た »

2009年5月 9日 (土)

【映画】『Sweet Rain 死神の精度』を見た

 「伊坂幸太郎(いさか・こうたろう)」原作小説、「死の審判」・「人間の一生の最後を演出するプロデューサー」【死神】「千葉」の仕事を描く【ヒューマン・ドラマ(+ファンタジー)】です。
【映画版】は「千葉」と一人の女性との物語というか、《一騎打ち》になっています。

 かなり期待をしていたんですが・・・・・・

序盤はいい手応え──若干、「台詞」と映画オリジナル相棒「犬」などによる説明的な演出が多くて気になりましたが、許容範囲。(原作未読者への細かな配慮に感心。)
盛り上げるところは大いに盛り上げている。(コメディちっくな展開/演出が目立ちましたが。)

 27才・OL⇒47才・ヤクザ⇒70才・美容師

流石に原作からエピソードを削るのか・・・・・・でも、「おっ、密接に繋げる気だな、楽しみ!!」と期待して見ていたら

 《ちゅどーん》

え~、ちょっと《不幸寄り》の話になったなあ。(原作も決してハッピーエンドというわけではないのですが、明に描いていなかっただけ緩和されていました。逆にどちらの結末か描いていなかったのが、本【映画版】にて・・・・・・。)
それにしても最後に出てきた【お手伝いロボ】って何!?、何故に登場したの!?。

 色々ありましたが、《新鮮な》気持ちで「楽しむ事ができたかな?」・・・・・・「まあな」。

小説を読んだ時は

~「千葉」を演じるのは「金城武(かねしろ・たけし)」さんかあ、イメージ合っているなあ~

と思っていたのですが・・・・・・コミカルな演出が多すぎたのか、ちょっと私の中のイメージとはズレてきたかな。

(記:スッタコ小僧)

« 【書籍】『シャーロック・ホームズ最後の挨拶』再読(?) | トップページ | 【映画】『僕らのミライへの逆回転』を見た »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【映画】『Sweet Rain 死神の精度』を見た:

« 【書籍】『シャーロック・ホームズ最後の挨拶』再読(?) | トップページ | 【映画】『僕らのミライへの逆回転』を見た »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ

リンク