« 【映画】『ヘアスプレー』を見た | トップページ | 【書籍】『シャーロック・ホームズの事件簿』再読(?) »

2009年5月11日 (月)

【アニメ・ゲーム】5月8日(金)~5月10日(日)雑記

 暖かいというか暑くなってきました。
ここ数年は何かしら日本または世界規模で「何か」あるなあ。
平穏な「時」というのはやはり難しいモノなのかな。

□表中「区分」の意味
A:アニメ
C:コミック
G:ゲーム
-:その他

表.[09/05/08(金)]鑑賞アニメ,プレイゲーム
区分 作品名 補足 メモ
A けいおん! 第6話 【ピックアップ】参照。

【ピックアップ】[05/08]

■『けいおん!』
 ついに「桜高祭」開催!!、ボーカルとなり元々照れ屋だけに緊張する「みお」。
そんなところに顧問「さわ子」追い討ち!?、ステージ衣装を持参。
着々とステージは準備が進み(えっ、シャランラ「つむぎ」は怪力!?)、ついに開演。
 「みお」、【ふわふわ時間(タイム)】熱唱です。
けれど最後の最後に縞々(白と青)!!・・・・・・まあ、「みお」ファンクラブも出来たし、良かった・良かった・大成功!?。

~~ゲームパッケージについて【第30回】~~
機種:NEOGEO
タイトル:幕末浪漫 月華の剣士
その他:「474メガ」「幻想幕末格闘」
《背面》
1863年。語り継がれなかった物語。

135年前の「幕末」を舞台に、もう一つの激動の時代があった。

2つの剣質「力」「技」そして"弾き"を駆使した新感覚の剣術格闘が今、登場。


Kaede

天野漂
Hyo Amano

直衛示源
Shigen Naoe

玄武の翁
Genbu Okina

鷲塚慶一郎
Keiichiro Washizuka

神崎十三
Juzo Kanzaki

一条あかり
Akari ichijo

御名方守矢
Moriya Minakata

紫鏡
Shikyo


Yuki

斬鉄
Zantetsu

李烈火
Recca Lee
============
 舞台を幕末にした【剣術格闘アクション】(対戦アクション)です。
発売された当時は、演出は良いのですが諸々「軽さ」を感じてあまりプレイしていませんでした。
『サムライスピリッツ』シリーズの後継者にはならん・・・・・・と。
※ただし、最近の再プレイで再評価、その丁寧な作りと"弾き"の手軽さなどに感心しています。

さて、パッケージですが

~本当、《キャラメイン》だな~

と思わせる出来となっています。
表は舞台にしている時代に写真を撮った感じ・・・・・・まあ、カラーとなっていますが。

そして裏面はキャラの絵と名前でほとんどが占められている。
あまりにもゲームのシステムについての説明が少ないです。
色々システムはあるのに・・・・・・全く説明がない。
そしてゲーム画面も"弾き"を実施している画面が一枚もないとは──。

まあ、ここまで徹底されると逆に清清しいかな・・・・・・。

それにしても突然「幻想幕末格闘」って──普通に【剣術格闘アクション】との記載じゃ駄目だったのかな。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

表.[09/05/09(土)]鑑賞アニメ,プレイゲーム
区分 作品名 補足 メモ
A はじめの一歩 New Challenger 第6話 【ピックアップ】参照。
第7話 因縁の2R,[リカルド]が昔のファイトスタイルに戻る!!。
第8話 ハートブレイクショット・・・右拳も砕け,もう一発!!,決着とバトンタッチ。
G ブレイカーズ NEOGEO 【ピックアップ】参照。
G ASOⅡ NEOGEO 【ピックアップ】参照。
G 幕末浪漫第二幕 月華の剣士 NEOGEO [響],[天野]に・・・。
A 鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 第1話 【ピックアップ】参照。
A 銀魂 第155話 [ま]るで[ダ]メな[お]っさん[長谷川]の回想編!?。

【ピックアップ】[05/09]

■『はじめの一歩 New Challenger』
 7年連続王座「リカルド・マルチネス」vs.「伊達」・・・・・・WBA世界フェザー級戦がついにゴング!!。
「リカルド」をずっと目標としてきた「伊達」、その夢・決意を果たせるのか。

■『ブレイカーズ』[NEOGEO]
 「アルシオンⅢ世」、A+Cが決まれば←Cからの連続技が決まる。
再クリアして次のキャラへ行きたいのだが、ラスボス前の「翔」はきつかった。

■『ASOⅡ-ラストガーディアン』[NEOGEO]
 撃沈でレベルダウンは厳しいなあ・・・・・・特にボス戦中に。
なんせボスが固い・・・・・・「アーマー」はボスまで温存だな。

■『鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST』
 【新番組】です。
あれっ、続き?、リメイク?どっち。
以前にテレビ放送していた作品は全く見ていませんでした。(【劇場版】は見ましたが。)
今回見て、コメディ部分(演出)が面白い・・・・・・『獣神演武』の方はその点が弱いのが、視聴が滞った原因なので今作は期待できるかな。

 国家錬金術師「エドワード」&「アルフォンス」の「エルリック」兄弟の今後の冒険が楽しみ・・・・・・次回は、幼い頃の回想編か。

表.[09/05/10(日)]鑑賞アニメ,プレイゲーム
区分 作品名 補足 メモ
A 07-GHOST 第1話 【ピックアップ】参照。
第2話
A ハヤテのごとく!! 2nd 第1話 【ピックアップ】参照。
A 鋼殻のレギオス 第16話 【ピックアップ】参照。
A アスラクライン 第4話 【ピックアップ】参照。
第5話 [朱浬(しゅり)]・・・えっ[紫浬(ゆかり)]!?,いや記憶喪失。
第6話 【ピックアップ】参照。
A 神曲奏界ポリフォニカcrimusonS 第5話 【ピックアップ】参照。
第6話 [ユギリ]姉妹の過去,[プリネ]の秘密とは・・・。
A うちの3姉妹 第6話 3姉妹誕生物語,極悪期(のちにメルヘン)・菩薩期(のちに自由人)。
第7話 遊園地[東京ワンダーランド]へ;兎[モプシー]登場,意外と渋めの声だな。
第8話 三女特集,妖怪[おしゃぶり小僧]→[まんま小僧],[スー]社長日記。
G サムライスピリッツ零SPECIAL NEOGEO 【ピックアップ】参照。
G SVC CHAOS NEOGEO [ヒューゴー],よしよし,思った通り投げが決まるように。
G KOF2001 NEOGEO 【ピックアップ】参照。
A CLANNAD~AFTER STORY~ 第17話 [渚]亡き後・・・チグハグな父娘。
第18話 【ピックアップ】参照。
第19話
第20話 保母となった[杏]&猪[ボタン]と再会;幸せ一転,またしても試練。
第21話 【ピックアップ】参照。
第22話

【ピックアップ】[05/10]

■『07-GHOST』
 【新番組】です。
第1話:
 陸軍のエリート兵士を育てる学園!?、【学園ファンタジー】かなあと思ったら・・・・・・。
~記憶がなくなっていた少年「テイト」・・・・・・実は滅ぼされた敵国の王子様でしたー!~
といった展開です。
第2話:
 脱走・・・・・・治外法権!?、第7区「セブンゴースト」を守り神とする教会に救出された「テイト」。
「フェアローレンの呪い」、「3つの願い」、「胸の烙印」、「ラファエル/ミカエルの瞳」などのキーワードが色々出てきましたが、まだ若干繋がらない。
そろそろ本作の見所が欲しいところなのですが・・・・・・。

■『ハヤテのごとく!! 2nd』
 【新番組】です。
第二期スタート、まずは学園五大行事の一つ「マラソン自由形」にて登場人物紹介です。
一番気になったのは「メイドブラック マックスハート」と「メイドホワイト マックスハート」でしたが。
いつもの【パロディ】がなかったのが少し残念かな。

■『鋼殻のレギオス』
 「レイフォン」+「サリンバン教導傭兵団」は「汚染獣」の群れへ。
一方、「ニーナ」は電子妖精「ツェルニ」の暴走を止める為に向かったところ・・・・・・「廃貴族」にとり憑かれる!?。

~状況が人を変革させる~(んっ『機動戦士ガンダム00』!?)

とにかく、まだまだ緊迫の展開が続きます。

■『アスラクライン』
第4話:
 土琵湖で科学部、合宿です。
第一生徒会からの依頼・・・・・・「ドビュッシー」(ネッシー土琵湖版)騒動!?。
 第二生徒会の「おさげ」&「丸眼鏡」会長が大暴れの回です。
第6話:
 「朱浬(しゅり)」が元に戻るも、「アスラ・マキーナ」の拡張キットである「スラビライザー」を巡って、前第一生徒会会長と対決!!。
でも今回の気になったところは何と言っても「操緒(みさお)」が《可視化》!?──転校生としてやって来た気になるところで続くです。

■『神曲奏界ポリフォニカcrimusonS』
 問題児「ラングイス」が精霊と契約成功!?・・・・・・下級精霊「タヌキモ」(「コーティー」命名、[狸もどき]より)と。
争いを好まず闘えない「フォロン」でしたが──あれっ、大人「コーティー」は終盤へお預けなのでしょうか。

■『サムライスピリッツ零SPECIAL』[NEOGEO]
 「骸羅」、楽しくなってきました。
どうやら「円心殺」は(私の場合)右下までレバー入力してA+B連打が良い感じです。
思ったように決まるようになるとだんだん面白くなってくる・・・・・・ただ、CPUは反応良く「伏せ」でかわしてくるので、キツイところですが。

■『ザ・キング・オブ・ファイターズ2001(KOF2001)』[NEOGEO]
 「香緋」にて挑戦中です・・・・・・やっと弱パンチからの連続、そして崩しのコマンド投げと慣れてきました。
色々な事ができる面白いキャラです。
まあ、まだ「ストライカー」を絡めた連続技へは入っていませんが。
見ていても面白い、あの「決め!!」ポーズの「ペコちゃん」顔といい。
う~んMAX「真心牙(まじんが)」・・・・・・結構、決めているつもりなのですが、なかなか2001ヒットが出ないなあ。(16分の1なので、出てもおかしくないのだが。)

■『CLANNAD~AFTER STORY~』
 うわ~3回は泣かされたよ・・・・・・。
第18話:
 父娘(「朋也(ともや)」&「汐(うしお)」)の二人旅です。
そこで「朋也」は祖母(父方)と出会い、忘れていた《あの日の親父》を思い出します。
大きくなるまで男手一つで不器用ながらも育ててくれた《父の姿》を・・・・・・。
~それにしても「こおろぎ さとみ」さん、未だに【最強】だな。~
第19話:
 ついに「だんご大家族」に!?、やっと平穏な時が・・・・・・。
ヒトデマスター⇒カワイイモノマスター「風子」とも出会い、そして「父親」とも和解──
~やり終えたのか?~もう十分だよ。~いつの間にかやり終えていたのか。~
第21話:
 「汐」、「渚」と同じく原因不明の発熱──「岡崎」&「古河」家に再び苦難。
雪の中、再び父娘の二人旅・・・・・・最後になってしまうの!?。
第22話:
 【本編・最終回】です。
悲しい結末で終わってしまうかと思いきや、【大変化球】、そして【大逆転】です。
【劇場版】しか知らないので、

 第20話以降どんな展開が待ち受けているのか、
 このままハッピーでほのぼの終わるか、
 急転直下で悲しい涙で終わってしまうのか

と心配しました。
ハッピーエンドで良かったと思うのですが・・・・・・あまりにも【大ハッピーエンド】で、ちょっぴり違和感!?。(とても嬉しい結末なのですが・・・・・・ちょっぴり意外。)

(記:スッタコ小僧)

« 【映画】『ヘアスプレー』を見た | トップページ | 【書籍】『シャーロック・ホームズの事件簿』再読(?) »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【アニメ・ゲーム】5月8日(金)~5月10日(日)雑記:

« 【映画】『ヘアスプレー』を見た | トップページ | 【書籍】『シャーロック・ホームズの事件簿』再読(?) »

2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ