« 【アニメ・ゲーム】5月8日(金)~5月10日(日)雑記 | トップページ | 【書籍】『シャーロック・ホームズの叡智』読破 »

2009年5月12日 (火)

【書籍】『シャーロック・ホームズの事件簿』再読(?)

 「コナン・ドイル」著、名探偵「シャーロック・ホームズ」の【最後の短編】、第五弾です。
まあ、「新潮文庫」・「延原謙(のぶはら・けん)」訳の【割愛版】シリーズはあと一冊『~の叡智』があるのですが・・・・・・。(本作も二編割愛されています。)

 本作の感想は

 《怪奇色》に突っ走って《推理(/トリック)》がちょっと・・・・・・という作品と
この晩年に来ても今の作品のお手本(基本)となる《推理(/トリック)》を持ってきてくれる作品

がハッキリ分かれている/分かる話が多かったかな。

 読んでいる内に自然と解答が分かってしまうのは、

 昔見た実写化【ドラマ】の影響(記憶)?
 多くの推理小説の基本となる《展開/トリック》満載だからか?
 多くの推理小説を読んで私が少しは成長した結果か?

いずれにしても読み易く、「ホームズ」が活き活き、冒険活劇を楽しむ事ができます。(古臭さを感じさせず、逆に新鮮味さえ感じます。)
『~最後の挨拶』では第三者の語りが楽しめましたが、今回はなんと「ホームズ」の語りも楽しめます。

■高名な依頼人
~悪党に(恋愛)熱をあげた良家のお嬢さんの熱冷まし~

■白面の兵士
 大切な戦友が行方不明!?、何やら彼の両親が事情を知っているのだが、けんもほろろに追いかえられた人物からの依頼。
果たして戦友の身に何が・・・・・・。

■マザリンの宝石
~宝石奪回作戦開始!!、「ホームズ」の罠が光る!!~ 

■三破風館
 屋敷買取希望・・・・・・えっ、家具、衣類、全て!!
持ち主の老婦人は身に起こった突然の奇妙な出来事に戸惑い、「ホームズ」へ救援依頼。

■サセックスの吸血鬼
 愛する妻が吸血鬼!?・・・・・・赤ん坊の血を口の周りにつけているのを取り押さえられる。
動転する夫、果たして事件の真相は──。

■三人ガリデブ
 奇妙な遺言、三人の「ガリデブ」姓を持つ人物を見つけると遺産相続!?。
事件の裏に隠された陰謀とは──。

■ソア橋
 三角関係の果てに・・・・・・女性家庭教師が資産家の奥さんを銃殺。
女性の無実を訴える資産家、事件に蠢く《執念》に挑む「ホームズ」。

■這う男
 高名な教授が異常行動!?。
事態を重く見た教授の娘の婚約者からの依頼により「ホームズ」動く。

■ライオンのたてがみ
 突然倒れた男性──その体には鞭で打ったような無数の「みみずばれ」。
喧嘩&恋敵だった人物に疑いの目が向けられますが・・・・・・。

■覆面の下宿人
 サーカスのライオンに襲われ夫は死亡、妻は顔を無残な傷を追う。
妻が語る事件の真相とは──。

 シリーズの一覧はこちらへ

(記:スッタコ小僧)

« 【アニメ・ゲーム】5月8日(金)~5月10日(日)雑記 | トップページ | 【書籍】『シャーロック・ホームズの叡智』読破 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【書籍】『シャーロック・ホームズの事件簿』再読(?):

« 【アニメ・ゲーム】5月8日(金)~5月10日(日)雑記 | トップページ | 【書籍】『シャーロック・ホームズの叡智』読破 »

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

リンク