« 【書籍】『クラシックシリーズ4 千里眼の復讐』読破 | トップページ | 【映画】『アイデンティティー』を見た »

2009年5月28日 (木)

【書籍】『鬼蟻村(おにありむら)マジック』読破

 「二階堂黎人(にかいどう・れいと)」著、【素人探偵】「水乃紗杜瑠(みずの・さとる)」が活躍するシリーズです。
久しぶりに著者の作品、最近はちょっと期待を裏切る作品ばかりだったので、今度こそはと思ったのですが・・・・・・

~新旧の既知の【トリック】のごった煮!?~

既知の【トリック】でも組み合わせてうまく隠してあれば良いのですが

~《生まるかじり》とばかりに《そのまま》出された日にはちょっと~

だから【素人探偵】シリーズを持ってきたのかなあ、一体、本作では何を狙ってるんだろう。
 著者の初期作品には犯行現場の見取り図とかあって、「どうだ、【トリック】が分かるか!!」とばかりに楽しませてくれるモノが多かったと記憶しています。
本作は「密室」、「犯行現場からの犯人消失」を扱っているのに「無い」・・・・・・いつもと違い描かなかった事が逆に本作の【トリック】について著者自身の評価が伺えるような──。

 最近ではテレビドラマにて色々な【マジックのタネ】が明かされるようになってきました。
上記にて有名なテレビドラマにて既知の【トリック】、昔の有名な作品の【トリック】を《そのまま》出して、果ては展開・動機も読み慣れた(既知)の内容ばかり。
 たまたま私が既読の作品群に内容が合致したものが多数含まれていたのか・・・・・・。

私は犯人および【トリック】が分かっている作品を読むの嫌いではありません・・・・・・再読も良く実施しているし、分かっていても楽しめるので再読するのです。

さて、本作は・・・・・・もう読む事はないでしょう、読んだ事自体を忘れない限りは。
何か厳しい感想になったなあ・・・・・・ちょっと(著者の作品でハズレが)続いたからかなぁ。

~~~
 日本酒を造る旧家に不穏な雰囲気・・・・・・「鬼神」様からの脅迫状!?。
先輩社員の頼みにより婚約者として旧家にやってきた「水乃紗杜瑠」(「サトル」)はそこで毒殺事件に遭遇します。
そして浮かび上がる戦前の事件──。
 宴会中に【鬼】が乱入、人を切り殺して逃げ込んだ部屋から消失した怪事件。
村人達には「鬼神」様の仕業と恐れられている事件に「サトル」は光りを当てる事ができるのか──。
~~~

(記:スッタコ小僧)

« 【書籍】『クラシックシリーズ4 千里眼の復讐』読破 | トップページ | 【映画】『アイデンティティー』を見た »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【書籍】『鬼蟻村(おにありむら)マジック』読破:

« 【書籍】『クラシックシリーズ4 千里眼の復讐』読破 | トップページ | 【映画】『アイデンティティー』を見た »

2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
無料ブログはココログ