« 【テレビ】『しゃばけ』を見た | トップページ | 【アニメ・ゲーム】4月26日(日)~4月30日(木)雑記 »

2009年4月30日 (木)

【テレビ】『しゃばけ うそうそ』を見た

 「手越祐也」主演の【怪奇ミステリー時代】モノでしょうか(ミステリーはなくなったかな)・・・・・・『しゃばけ』シリーズ第二弾です。

 祖母に妖「おぎん[皮衣]」(「十朱幸代」)、
 その血を引く母「おたえ」(「真矢みき」)をもつ
 回船問屋・薬種問屋の若旦那「一太郎」(「手越祐也」)。

 息子に甘い父親「藤兵衛」(「岸部一徳」)、
 正体は妖のいわゆる助さん・角さんコンビ(?)
「仁吉[白沢]」(「谷原章介」)&
 「佐助[犬神]」(「高杉亘」)らに囲まれて、
 病弱ながらも懸命に日々を過ごしています。

 おっと忘れてはいけない、
他にコメディ担当・妖「屏風のぞき」(「宮迫博之」)、
 そして鈴の九十九神「鈴彦姫」(「早乙女太一」)が「花(?)」を添えています。
 
 今回は前作ではちょっと物足りなかった兄「松之助」(「岡田義徳」)との絆が深まる展開が待っています。

それにしても兄弟揃って、やっぱり「ヘロヘロ」。
まあ、なんとなくキャラに慣れてきたというか、いい味に感じるようになってきた自分がいます。(ちょっと今までにない「あたりの柔らかさ」。)

 夢にうなされる「一太郎」、また店を見張る怪しい二人の侍などまたまた事件の予感。
そんな中、「おぎん」のお告げにて箱根へ湯治の旅へ。
初めての遠出との事もありはしゃぐ「一太郎」、出発したは良いがいなくなってしまった「仁吉」と「佐助」コンビ。
頼りない兄「松之助」とたった二人で先を行く「一太郎」でしたが・・・・・・ 

 前作と異なり【謎解き】がなくなってしまったのがちょっと残念です。

【娑婆氣(しゃばけ)】:
 俗世間の名誉やさまざまな欲望が離れない心。

【うそうそ】:
 うろうろ。落ち着かないでたずねまわるさま。

(記:スッタコ小僧)

« 【テレビ】『しゃばけ』を見た | トップページ | 【アニメ・ゲーム】4月26日(日)~4月30日(木)雑記 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【テレビ】『しゃばけ うそうそ』を見た:

« 【テレビ】『しゃばけ』を見た | トップページ | 【アニメ・ゲーム】4月26日(日)~4月30日(木)雑記 »

2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ