« 【映画】『おくりびと』を見た | トップページ | 【映画】『ゴーストシップ』を見た »

2009年4月12日 (日)

【書籍】『バスカヴィル家の犬』再読

 「コナン・ドイル」著、名探偵「シャーロック・ホームズ」が活躍する【推理&冒険】小説です。
有名かつその内容が広く伝わって色々な所で使われるあまり、再読の対象とならなかった本作ですが「シャーロック・ホームズ」シリーズ全体読み返している期間なので久しぶりに手に取りました。

 いやあ、結構中身忘れているなあ~

思っていたより【魔犬】の出番は少なく、最後の最後にやっとお披露目です。
それまでは知能犯に出し抜かれる「ホームズ」、一人護衛についた「ワトソン」が遭遇する色々な出来事にて占められています。

 モチーフを使っている他の作品(【アニメ】など)にて、【魔犬】&その姿ばかり印象に焼きついてしまったんだなあ。
読み返すと確かに【魔犬】が本作の《キー(鍵)》ですが、前述のように登場は最後の最後。
それまでの「ワトソン」と「ホームズ」の捜査内容と狡猾な犯人を捕まえる為の策略に【妙】あり。

 「バスカヴィル家」当主「チャールズ従男爵」変死・・・・・・恐怖の表情で死因は心臓発作。
近所に住み親しい友人である「モーティマー医師」は、死体の近くに大きな犬の足跡を見つける。
「バスカヴィル家」に伝わる【魔犬】伝説、そして最近になり近隣の百姓達が見かけたというその姿──。
【魔犬】の到来か!?、事件に不安を感じた「モーティマー医師」は「シャーロック・ホームズ」の元へと訪れる。
次期当主としてやってくる「ヘンリー従男爵」に迫る影、別事件にてロンドンを離れられない「ホームズ」に代わり「ワトソン」一人が「ヘンリー従男爵」と一緒にかの「バスカヴィル館」へ。
 果たして「ホームズ」&「ワトソン」の二人は「ヘンリー従男爵」を護り、事件の真相を暴く事ができるのか──。

(記:スッタコ小僧)

« 【映画】『おくりびと』を見た | トップページ | 【映画】『ゴーストシップ』を見た »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【書籍】『バスカヴィル家の犬』再読:

« 【映画】『おくりびと』を見た | トップページ | 【映画】『ゴーストシップ』を見た »

2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ