« 【書籍】『怪盗紳士ルパン』再読(?) | トップページ | 【書籍】『運命 二人の皇帝』読破 »

2009年4月 4日 (土)

【書籍】『魔法探偵』読破

 「南條竹則(なんじょう・たけのり)」著、自分を「吾輩」と綴る「詩人」が遭遇する不思議な世界を描いた【怪奇・ファンタジー】小説です。

タイトルから少し【推理】モノを期待していたのですが・・・・・・謎解きに頭を回転させる部分には出遭う事はできませんでした。
ただ、いつも読んでいる本とは少し違った《読み心地》があったことは収穫でした──偶には色々な方面へ手を伸ばさないと。

 主人公は自称(?)「詩人」・・・・・・生計を立てる為、探偵業を始めるも依頼は「猫探し」ばかり。
 ひょんな事から迷いこんだ屋敷、そこで出会った人々により少しずつ【非日常】の世界に触れる事になります。
 ・・・・・・幽霊・妖などなど。
 やがて弟子入りする師匠に分けてもらった「反魂香」、失せ物探しに役立つ「猿の手」を使って色々な事件に関わる事に。

といった内容なのですが、多くの話(事件)が「中途半端で歯切れが悪い」・・・・・・。
まあ、実際は【日常】の事件であっても「スッキリ解決」なんて事はないので、逆に描いている世界感ながらも現実味があるのですが──。(「吾輩」とか出てくるから、舞台は昔と思いきや・・・・・・。)

 一味違った風を少し──偶には良いかな。

(記:スッタコ小僧)

« 【書籍】『怪盗紳士ルパン』再読(?) | トップページ | 【書籍】『運命 二人の皇帝』読破 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【書籍】『魔法探偵』読破:

« 【書籍】『怪盗紳士ルパン』再読(?) | トップページ | 【書籍】『運命 二人の皇帝』読破 »

2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
無料ブログはココログ