« 【書籍】『天国の対価 おもひでや』読破 | トップページ | 【映画】『姑獲鳥の夏』を見た »

2009年3月 7日 (土)

【映画】『インクレディブル・ハルク』を見た

 「エドワード・ノートン」主演、ド迫力&ハイスピードの【アクション】映画です。(「ハルク」って「廃船」って意味なんだ。)
ちょっと前(?)の映画版は見ていませんが、テレビ版については数話ですが昔に見た記憶があります。

 さて本作ですが、

 《単純に楽しめました。》

最初はオープニングにて色々と情報(設定・経緯など)盛り込みすぎだなあと思いましたが、一気に「ハルク」登場にてその印象を覆してくれました。

 まさに【ド迫力】・・・・・・【怪獣映画】よりも【ド迫力】です。(何十メートル級の怪物も目じゃありません。色々書きたいのですが、見てのお楽しみで我慢、我慢。)
そしてオチは予想がつくのですが、所々に散りばめられている【笑い】もいいアクセントになっていました。

 最近見た《ヒーロー物》では一番、【偏り】がない作品なのではないでしょうか。
「エドワード・ノートン」主演から、ちょっと暗め・真面目・複雑な作品かなあと身構えていたら・・・・・・いい意味で力の抜ける作品でした。

(記:スッタコ小僧)

« 【書籍】『天国の対価 おもひでや』読破 | トップページ | 【映画】『姑獲鳥の夏』を見た »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【映画】『インクレディブル・ハルク』を見た:

« 【書籍】『天国の対価 おもひでや』読破 | トップページ | 【映画】『姑獲鳥の夏』を見た »

2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ