« 【映画】『インクレディブル・ハルク』を見た | トップページ | 【アニメ】『∀ガンダムⅠ 地球光』を見た »

2009年3月 8日 (日)

【映画】『姑獲鳥の夏』を見た

 「京極夏彦」原作小説の【実写化】、第一弾です。

 昭和二十七年、夏・・・・・・「二十箇月も子供を身籠ったままの女性」。
また、彼女の夫は一年半前に失踪・・・・・・鍵のかかった密室から。
病院に纏わる不気味な噂・・・・・・赤ん坊連続殺人事件!?。
 事件に関わる事になってしまった【小説家】「関口」──の夏が始まります。

まず、最初の感想は

 《【映画】ではなく、【舞台】でやったら──》

せっかく【映像】にしたのに・・・・・・と私には感じる【演出】が多々ありました。

 「紙芝居」を用いての各種説明など昭和の「レトロ感」を出す演出
 照明(光の加減)を用いた「(魑魅魍魎が跳梁跋扈する)怪しい雰囲気」を演出

は分かりますが、セットと加えて

 「レトロ感」・「怪しい雰囲気」<「安っぽい(安普請)」

と「安っぽさ」が勝ってしまっている。
ただ、さすが【映像】化しただけあって、事件・推理・解答の内容はとても分かり易かったです。

 さて最後に【実写化】にあたってのもう一つの「楽しみ」というか、いつも不安になる「あの登場人物を誰が演じているのか」

【陰陽師】「京極堂」:「堤真一」さん
【小説家】「関口」 :「永瀬正敏」さん
【探偵】「榎木津」 :「阿部寛」さん
【刑事】「木場」  :「宮迫博之」さん

まあ、小説を読んでいた時に自身が描いていたイメージとはやはり違う・・・・・・(【コミック】の【アニメ】化に当たっての声優と同じ)。
見慣れてくれば、慣れてくるでしょう。(本一作だけでは不十分ですが、次作を見ている間には慣れてくるのかな?。ただ【アニメ】の印象が勝ってしまう懸念がでてきましたが。)

(記:スッタコ小僧)

« 【映画】『インクレディブル・ハルク』を見た | トップページ | 【アニメ】『∀ガンダムⅠ 地球光』を見た »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【映画】『姑獲鳥の夏』を見た:

« 【映画】『インクレディブル・ハルク』を見た | トップページ | 【アニメ】『∀ガンダムⅠ 地球光』を見た »

2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ