« 【書籍】『マルタ・サギーは探偵ですか?(6)オスタスの守護者』読破 | トップページ | 【映画】『最高の人生の見つけ方』を見た »

2009年2月13日 (金)

【書籍】『南方署強行犯係 狼の寓話』再読

 「近藤史恵(こんどう・ふみえ)」著、刑事なりたての新米「會川(あいかわ)」&ベテラン女刑事「黒岩」が活躍する【警察小説】です。

失敗したなあ、再読だったとは・・・・・・以前、読む時間がなくて読まずに返却したと思っていたのですが。
でもボリュームも少なく読み易いので、スラスラと読み終わりました。

 殺人事件の現場に初めて遭遇し、大失態&失敗をやらかしてしまった「會川」刑事。
翌日から別の捜査を担当する事になります。
夫が殺害されて妻は行方不明・・・・・・現場に残った数々の証拠から、妻が犯人と思われる事件なのですが動機が見つからない。
パートナーとなった「黒岩」と「會川」の地道な捜査活動が始まります。

 寓話⇒捜査活動⇒寓話⇒捜査活動・・・・・・といった構成で描かれ、最後に両者が一致した時、本事件の謎が解明される仕掛けとなっています。
上記構成がちょっと期待を大きくさせてしまったかな・・・・・・何かもっと大きな仕掛けがあるのかと。(深読みしすぎた──。)

(記:スッタコ小僧)

« 【書籍】『マルタ・サギーは探偵ですか?(6)オスタスの守護者』読破 | トップページ | 【映画】『最高の人生の見つけ方』を見た »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【書籍】『南方署強行犯係 狼の寓話』再読:

« 【書籍】『マルタ・サギーは探偵ですか?(6)オスタスの守護者』読破 | トップページ | 【映画】『最高の人生の見つけ方』を見た »

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

リンク