« 【アニメ・ゲーム】2月15日(日)~2月16日(月)雑記 | トップページ | 【書籍】『不気味で素朴な囲われたきみとぼくの壊れた世界』読破 »

2009年2月18日 (水)

【書籍】『天上の羊 砂糖菓子の迷児(まよいご) 薬屋探偵怪奇譚』読破

 「高里椎奈(たかさと・しいな)」著、「深山木薬店 改(あらため)」店長となった「リベザル」、タイトルも「妖綺談」⇒「怪奇譚」となったシリーズ第二弾です。

 《相変わらず読みづらいなあ》・・・・・・。

ボリュームはそんなにない作品なのですが、途端に読むスピードが落ちる作品です。

■前作(第一弾)または前シリーズに依存しすぎ&引っ張り(引き摺り)すぎ
⇒一見さんお断りですか?・・・・・・シリーズ全て読んでいる私も正直「キツイ」のですが。

■会話のやり取りが噛み合わない(分からない)
⇒「【妖】は思考パターン等は人間とは異なる」という演出でしょうか?・・・・・・それにしては、普通の【人間同士】または【妖同士】の会話も《ちぐはぐ》なのですが。

上記に【面白さ】を見出せれば良いのですが──最近の【森ミステリィ】(「森博嗣」さん)と同じ傾向を辿っているなあ。

 妹の大学進学・上京を楽しみにしていた姉が不審死・・・・・・。
警察は事故死と判断したが、納得のいかない妹。
外傷がない事から人外(【妖】)の仕業と考えた妹は、くだんの薬屋を訪れてこう告げる──

 「灰色の木を金色に戻す薬を下さい。」

薬屋探偵、捜査開始です。

(記:スッタコ小僧)

« 【アニメ・ゲーム】2月15日(日)~2月16日(月)雑記 | トップページ | 【書籍】『不気味で素朴な囲われたきみとぼくの壊れた世界』読破 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 【アニメ・ゲーム】2月15日(日)~2月16日(月)雑記 | トップページ | 【書籍】『不気味で素朴な囲われたきみとぼくの壊れた世界』読破 »

2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ