« 【書籍】『スカイシティの秘密 翼のない少年アズの冒険』読破 | トップページ | 【書籍】『クラシックシリーズ2 千里眼 ミドリの猿 完全版』読破 »

2009年2月24日 (火)

【アニメ・ゲーム】2月21日(土)~2月23日(月)雑記

 やっと12月終了【アニメ】を見終わりました。
 やっと1月開始【アニメ】、全て1話以上は見ました。

□表中「区分」の意味
A:アニメ
C:コミック
G:ゲーム
-:その他

表.[09/02/21(土)]鑑賞アニメ,プレイゲーム
区分 作品名 補足 メモ
A 明日のよいち! 第3話 vs.[燕弁天流],[つばさ]&[アンジー]登場。
第4話 三女[ちはや](漫画家)─マンガ道。
A 喰霊-零- 第9話 【ピックアップ】参照。
第10話 カテゴリーB[火車],そしてスタートへ繋がる・・・。
第11話 【ピックアップ】参照。
第12話

【ピックアップ】[02/21]

■『喰霊-零-』
第9話:
 「黄泉」病院搬送・・・・・・命は助かったが全身108箇所、全て神経部にて「退魔師」どころか普通の生活すらままならない状態に。
「九尾の狐」の魂の破片「殺生石」への誘惑・・・・・・堕ちた「黄泉」、「カテゴリーA」へ。
第11話:
 「神楽」&「環境省」・・・・・・う~ん、エキスパート揃いのはずがここまでボロボロにやられるとは。(良くあるパターンですが【壊滅/全滅パターン】は嫌だなあ。)
特に真相を見破れず、言い様に【青い蝶の少年】の思い通りのままになっているのはやだなあ・・・・・・どうせ、残り話数では元凶との対決は望めないし。
 「神楽」は重傷を負った父親と親子水入らず。
 《全てを忘れる。本当に強くなるなら全てを背負う》
 父親の言葉と「マイケル13号」(刀)を手に最終決戦へと向います。
第12話:
 【最終回】です。
「黄泉」との一騎打ち、取り込まれた人間の欲望を叶える「殺生石」、「黄泉」の【望み】とは如何に──。
そして、2年後──「マイケル12号」を受け渡した少年(!?)と・・・・・・あれっ、ここで終わり!?。
 題材もそうですが、ストーリーの流れ的にも【暗く】なる作品──。
【妖】モノにて色々と楽しみにしている独特の【妖の姿】は楽しめました。
でも、肝心の【喰霊】の見所がなかったなあ・・・・・・最強と言っている割には、最強っぷりが伝わらなかったです。

表.[09/02/22(日)]鑑賞アニメ,プレイゲーム
区分 作品名 補足 メモ
A 天体戦士サンレッド 第21話 【ピックアップ】参照。
A ミチコとハッチン 第7話 [ミチコ],[ハッチン]の父親探し離脱!?。
第8話 [アツコ]迫る,[サトル]を騙った男とvs.[シンスケ]。
第9話 [ハッチン]一人旅へ・・・サーカス少女[リタ]との出会い。
第10話 [ヒロシ]&[ミチコ]の最後の写真,[ヒロシ]&[サトシ]10歳の出会い。
第11話 [ハッチン],[ミチコ]と再会,悪[ミチコ]撃破。
第12話 [ミチコ]熱でダウン。
第13話 【ピックアップ】参照。
G ファイターズ ヒストリー・ダイナマイト NEOGEO [李]挑戦中,CPU戦はまだまだ。
G メタルスラッグX NEOGEO 空中制御が熱い。
G ファイヤー・スープレックス NEOGEO [ロイ],力負けしづらいが決定打が・・・。
G KOF2001 NEOGEO 【ピックアップ】参照。
G SVC CHAOS NEOGEO 【ピックアップ】参照。
- R-1ぐらんぷり2009 09/02/17 【ピックアップ】参照。
A 空を見上げる少女の瞳に映る世界 第1話 【ピックアップ】参照。
第2話 [モン太郎]って[ドラえもん]+[ウルトラマンタロウ]!?。
A 黒執事 第11話 【ピックアップ】参照。
第12話 鉄と鋼じゃ曲る~曲る~;誕生日(1875/12/14)の巻。
第13話 [アグニ]&[ソーマ],渡英。

【ピックアップ】[02/22]

■『天体戦士サンレッド』
 「鳥取戦士サキューン」と「アニマルソルジャー」のライバルが明かされる!!。

「戦慄の鈎爪 ドルゴン」-「つぶらな瞳 Pちゃん・改」
「闇を裂く砲吼 タイザ」-「柔らかなる肉球 ヘルウルフ」
「跳躍する魔人 コンスール」-「天使の羽 ウサコッツ」
「鋼の肉体 アーマータイガー」-「糖の悪魔 デビルネコ」

最近、楽しみになってきた作品(上位)です。

■『ミチコとハッチン』
 「ミチコ」を取り逃がし、「サトシ」との取引がバレてジャングルへ左遷の「アツコ」編。
「ミチコ」似の少女「バネッサ」と出会い、再び戦線に復帰です。

 特筆する展開はないが、なんとなく見続ける作品です。

■『ザ・キング・オブ・ファイターズ2001(KOF2001)』[NEOGEO]
 まだ、「フォクシー」です。
「七つの金属」⇒「七つの鉱物」⇒「はじまりの樹」~は「はじまりの樹」のコマンド内に入れて流れるようにと意識する・・・・・・感じかな!?。

■『SNK VS.CAPCOM SVC CHAOS』[NEOGEO]
 「ヒューゴー」、「ムーンサルトプレス」は私は一番「→←↓↑」の一回転コマンド代用が出しやすいかな・・・・・・。
もう少し「ガードキャンセルフロントステップ」からの成功率を高めないと──。

■『R-1ぐらんぷり2009』[バラエティ番組]
 生放送、3400名のピン芸人の頂点は誰の手に──。
えっ、「なだぎ武」さん欠場・・・・・・チャンピオン、予定は空けとかないと。
でも、それを上回る面白い芸人さん達が【芸】を披露してくれました。

○「夙川アトム」(622点)
 『赤ずきんちゃん』(ズキアカノチャンネー)、「チャンバー・ドーン」(おばあちゃん・ズーム)。
極め付けは「ぶしゃっぶしゃっ」(しゃぶしゃぶ)・・・・・・「モードです」⇒「ドーモです」。

○「岸学」(634点)
 「24」、「ジャック・バウアー」による『突撃!隣の晩ごはん』。
「ヨネスケ」大統領から全権委譲!?、笑わせてくれました。

ここまでは敗者復活者・・・・・・十分面白かったのですが、後の登場人物達が凄い──。

○「バカリズム」(672点)
 出た!!「贈るほどでもない言葉」かなと思ったら、「都道府県」について・・・・・・「なんだぁ~」と思いきや、「えっ、【持つとしたら】」!!。
高得点です。

○「エハラ マサヒロ」(675点)
 「バカリズム」さんが突っ走るかなと思ったら、「レベル高い!!」。
シンガー「リュウザキ・シンヤ」登場──『チューリップ2009』、『人間ってウィナー』、『雪やこんこん』。
「サンキュー フォー ザ ピープル」・・・・・・【エンターテイメント】な笑いです。

○「サイクロンZ」(662点)
 動きの笑い・・・【ダンス&ミュージック】、絶妙です。
『となりのトトロ』に締めは【ハニーフラッシュ!!】(歯にFLASH)。
ちょっとネタが多すぎて、途中の面白い作品が打ち消されてしまった感じがします。

○「鳥居みゆき」(642点)
 色々と模索しているなあ・・・・・・頑張っていて良いと思います。

○「鬼頭真也(夜ふかしの会)」(645点)
 本の紹介・・・・・・コミックばっかりだったのが、ちょっと審査員達に通じたのかどうか。

○「COWCOW 山田與志」(672点)
 当初、「バカリズム」さんのフリップと比較して画力不足を懸念したのですが・・・・・・テニスの得点盤を利用してだんだんと癖になる笑いを。
「ゴルゴ」・「フフフ」・・・・・・。

○「あべこうじ」(663点)
 しゃべりで勝負、スタンスを変えない・貫く点が凄いです。

○「中山功太」(683点)
 時報に合わせて・・・・・・淡々ですが、ボリュームたくさん、共感のあるフレーズばかりで笑ってしまう。

■『空を見上げる少女の瞳に映る世界』
 【新番組】です。
いやに長いタイトル、意表を突いた内容かなと思ったら意外とスタンダードな【ファンタジー】作品です。(現時点では。)
万能の力「アクト」枯渇により、天上世界の「魔導国」危機!!。
連合軍による攻撃、「魔導国」の墜落を阻止しようと魔導王「ムント」が異世界の空が見える運命の娘を求めて、地上へ。
果たして少女「ユメミ」の運命は如何に・・・・・・と言った内容です。
 今のところは特筆する点がない・・・・・・。

■『黒執事』
 「エリザベス(リジー)」来館と思いきや、直ぐに帰宅⇒人形師「ドロセル」の手に──。
「プルートゥ」を引き連れて「リジー」探索、そして死神「グレル」(レッド)と再会、共闘です。
またまた暗い展開になってしまうのか!?、流石にそこまでは・・・・・・。

表.[09/02/23(月)]鑑賞アニメ,プレイゲーム
区分 作品名 補足 メモ
A みなみけ おかえり 第8話 秋;恐るべし魔女!?[アツコ]。
- K-1 WORLD MAX 2009 09/02/23 【ピックアップ】参照。

【ピックアップ】[02/23]

■『K-1 WORLD MAX 2009 日本代表決定トーナメント』[スポーツ番組]
 格闘技・・・・・・見たくなったなあと思ったタイミングで放送してくれます。

○「長島☆自演乙☆雄一郎」vs.「HAYATO」
 「長島☆自演乙☆雄一郎」さん、「NJKF S・ウェルター級王者」・・・・・・タイトルホルダーなんだ。
実況によると「自演乙」は「自作自演お疲れさん」が由来だそうです。
 両者、タフだなあ~、意表を突いて【ハードパンチャー】。

○「TATSUJI」vs.「山本優弥」
 「山本優弥」さんは「全日本キック ウェルター級王者」。
三年前の右肩脱臼による不完全燃焼試合の決着──「パンチ」vs.「ミドル」の壮絶な打ち&蹴り合いでした。

○「日菜太」vs.「城戸康裕」
 壮絶なキック!!、王者はゴー⇒ストップ!?、悲壮&棒立ち。

○「小比類巻太信」vs.「アンディ・オロゴン」
 リベンジマッチ!!。

《準決勝》
○「長島☆自演乙☆雄一郎」vs.「山本優弥」
 見えにくい独特の【右】が炸裂、いい試合でしたが・・・・・・無念のドクターストップ。

★えっ、「日菜太」さん負傷(鼻骨骨折?)により「城戸康裕」さん復活。

○「小比類巻太信」vs.「城戸康裕」
 【K.O】決着!!。

《決勝》
○「山本優弥」vs.「小比類巻太信」
 まさに【根性】の試合!!、感動しました。
「小比類巻」選手、(「アンディ・オロゴン」に負けた時の)【コヒ】にならなくて良かった──。

(記:スッタコ小僧)

« 【書籍】『スカイシティの秘密 翼のない少年アズの冒険』読破 | トップページ | 【書籍】『クラシックシリーズ2 千里眼 ミドリの猿 完全版』読破 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【アニメ・ゲーム】2月21日(土)~2月23日(月)雑記:

« 【書籍】『スカイシティの秘密 翼のない少年アズの冒険』読破 | トップページ | 【書籍】『クラシックシリーズ2 千里眼 ミドリの猿 完全版』読破 »

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

リンク