« 【書籍】『神の守り人』読破 | トップページ | 【書籍】『天と地の守り人』読破 »

2009年2月 4日 (水)

【書籍】『蒼路(そうろ)の旅人』読破

 「上橋菜穂子(うえはし・なほこ)」著、『精霊の守り人』にて守られていた皇太子「チャグム」・・・・・・成長し、自国を守る為に旅立つ『守り人』シリーズ第七弾です。

 なんといっても【ラストシーン】に尽きる!!

──しばらく経つと「ここで終わりはないだろ~。」と続巻『天と地の守り人』を急いで手に取り読み始めるのですが、読了直後は感動・余韻で《しばらくただ佇むのみ》。
絶望的な状況から、あきらめず大海へ飛び出す「チャグム」──ほんの少しの光(希望)、読んでいるこちら側には困難の山々しか見えないのですが、何故か読んだ後、とても清清しい・・・・・・。

 『虚空の旅人』にて知り合い、南の大国「タルシュ帝国」との戦いが始まった「サンガル王国」・・・・・・からの救援依頼が「チャグム」の「新ヨゴ皇国」に。
救援に向かった「チャグム」ですが、「サンガル王国」は「タルシュ帝国」の軍門に下っており、捕らわれ身に。
「タルシュ帝国」の圧倒的な戦力の前に戦経験のない「新ヨゴ皇国」の立ち向かう術はなく、けれども「タルシュ帝国」の「枝国(しこく)」となると徴兵、いずれ自国の民が友好国「ロタ王国」・「カンバル王国」を攻め込む事になる過酷な運命──。
果たして「チャグム」と「新ヨゴ皇国」・「ロタ王国」・「カンバル王国」の北の国々の運命は如何に──。

といった内容となっています。
 いやあ、序盤から『虚空の旅人』の最後に戦いへ旅立った「サンガル王国」の状況に《ガツンッ》とやられました。
そこから「チャグム」を通して大国「タルシュ帝国」について描かれている点──ただ単に権力に溺れる巨大な侵略者かと思いきや・・・・・・。

 間違って先に『天と地の守り人』(第一部)を少し先に読み進めてしまった時、「まあ、いいか。」で、そのまま読み進めずに良かった──第一部の初め、「星読博士」の「シュガ」へ宛てた【手紙】が本当に生きて/活きてきます。

 前途多難、光明が全く見えない・・・・・・けれども【ラストシーン】、まだ何も達成していないのですが【とても大きな一歩】を踏み出した「チャグム」に今後も目が離せない。

(記:スッタコ小僧)

« 【書籍】『神の守り人』読破 | トップページ | 【書籍】『天と地の守り人』読破 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【書籍】『蒼路(そうろ)の旅人』読破:

« 【書籍】『神の守り人』読破 | トップページ | 【書籍】『天と地の守り人』読破 »

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

リンク