« 【アニメ・ゲーム】1月31日(土)~2月1日(日)雑記 | トップページ | 【書籍】『蒼路(そうろ)の旅人』読破 »

2009年2月 3日 (火)

【書籍】『神の守り人』読破

 「上橋菜穂子(うえはし・なほこ)」著、三十路女用心棒「バルサ」が活躍する【ファンタジー小説】です。
やはり読むと止まらないなあ・・・・・・上下巻、《来訪編》と《帰還編》を一気に読んでしまいました。

 今回の舞台は「チャグム」のいる「新ヨゴ皇国」、「バルサ」生まれ故郷の「カンバル王国」と隣り合う「ロタ王国」です。
優れた「ヨーサム」国王、変革を求めるも兄王を慕う「イーサム」らの王族が治める国・・・・・・
けれども、貧しい北と富裕な南の領主達の睨み合い、虐げられる陰の民【タル】などの問題を抱えています。

 一人の少女を巡って、「ロタ王国」建国に纏わる、建国以来の危機が到来します。
「バルサ」は少女に宿った【タルマハヤ(畏ろしき神)】の到来を阻止できるか、少女に昔の自分を重ねて血塗られた運命を辿らせまいと奮闘します。

その優しさから巨大な事件に巻き込まれ、瀕死の重傷を負いながらも【守るべき人】の為に突き進む・・・・・・定番ながらその姿に熱くなります。
壮大な話になってきつつも《その世界にすんなり》入っていける──というか、読んでいる間はまるでそんな事を感じさせない作品です。

 実は間違って『天と地の守り人』(第一部)を読んでいて『あれっ、「チキサ」と「アスラ」って誰?。』と本作&『蒼路の旅人』と読み飛ばしている事に気づき、大急ぎで本作へバック。
なんで順番を勘違いしていたんだろう・・・・・・。

(記:スッタコ小僧)

« 【アニメ・ゲーム】1月31日(土)~2月1日(日)雑記 | トップページ | 【書籍】『蒼路(そうろ)の旅人』読破 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【書籍】『神の守り人』読破:

« 【アニメ・ゲーム】1月31日(土)~2月1日(日)雑記 | トップページ | 【書籍】『蒼路(そうろ)の旅人』読破 »

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

リンク