« 【書籍】『心霊探偵 八雲 3 闇の先にある光』読破 | トップページ | 【映画】『ターミナル』を見た »

2009年1月31日 (土)

【アニメ・ゲーム】1月25日(日)~1月30日(金)雑記

 勘違いって恐ろしいなあ、作品名とか登場人物の名前・・・・・・一度間違って覚えていると自分では何回その字を見ても気づかない。

□表中「区分」の意味
A:アニメ
C:コミック
G:ゲーム
-:その他

表.[09/01/25(日)]鑑賞アニメ,プレイゲーム
区分 作品名 補足 メモ
A 鉄のラインバレル 第8話 【ピックアップ】参照。

【ピックアップ】[01/25]

■『鉄のラインバレル』
 敵の巨大「マキナ」登場・・・・・・と思ったら、「加藤機関」の1、2、6、7番隊の隊長が続々登場です。
敵幹部の【顔見せ】展開──でも、相変わらずのお約束シーンも忘れない内容となっています。
そのお陰でもう一つのロボットアニメ(『機動戦士ガンダム00』)と異なり、(持続する)殺伐とした雰囲気を回避している作品です。

表.[09/01/26(月)]鑑賞アニメ,プレイゲーム
区分 作品名 補足 メモ
A みなみけ おかえり 第4話 【ピックアップ】参照。
A 美肌一族 第8話 カーチェイスにミサイル!?;[染め吉(=SMK)]去る。
第9話 七面鳥≠不死鳥のように甦った[紗羅]。
第10話 【ピックアップ】参照。
第11話 ついに最終決戦,因縁の双子姉妹対決。
第12話 【ピックアップ】参照。

【ピックアップ】[01/26]

■『みなみけ おかえり』
 【アイアンクロー フロム キッチン 対面式】炸裂です。
もう新たな登場人物は出ないのかなと思っていたら、「ナツキ」の目を読み取る(解析する)女性・・・・・・元二代目番長(?)「ヒトミ」が登場です。
 気になる展開となってきました・・・・・・こうなると「春香」&「ナツキ」という線はなくなるのかな!?。

■『美肌一族』
 1話が10分程度と短い事もあって、気楽に見れました。(もともと内容から力を入れて見る作品ではないのですが。)
第10話:
 「ワールド美肌チャレンジ(WBC)」開幕です。
 ピンチに「カマたせ!」、助っ人登場──「お前はもう熟れている。」(『北斗の拳』!?)で強敵美肌(≠[美机])アイドルを撃破です。
第12話:
 【最終回】です。
 美肌ガチンコ対決から一転、最後は「チャンバラ」勝負に──そして、美肌は既に【超人】の域へ。
 本当に楽に見れた作品、もっと早く全話視聴し終わっておいても良かったかな・・・・・・まあ、特に感慨はありませんが。

表.[09/01/27(火)]鑑賞アニメ,プレイゲーム
区分 作品名 補足 メモ
A 続 夏目友人帳 第4話 【ピックアップ】参照。
A ミチコとハッチン 第5話 [ミチコ]の故郷!?;[ヒロシ]との馴れ初め。
第6話 ワイルドから一転,コメディ色が強く・・・。

【ピックアップ】[01/27]

■『続 夏目友人帳』
 つい見てしまう作品です。
親鳥に見捨てられた(?)卵を温める「夏目」&「ニャンコ先生」。
そんな中、妖により玄関に怪しい文字─「陸」→「伍」→「肆」→「参」→「弐」→「壱」とカウントダウン。
やがて生まれたのは「辰未(たつみ)」・・・・・・「ニャンコ先生」の言では「龍のパチモン!?」。
「卵」から生まれたので「タマちゃん」(命名:「ニャンコ先生」)、すくすく成長するも・・・・・・最後の最後、いくらなんでも成長しずぎ、でか過ぎです。(あの可愛さが一瞬で・・・。)

表.[09/01/28(水)]鑑賞アニメ,プレイゲーム
区分 作品名 補足 メモ
** *** ** **********

【ピックアップ】[01/28]
疲れて、【ゲーム】をやる気力が・・・・・・。

~~ゲームパッケージについて【第29回】~~
機種:NEOGEO
タイトル:ザ・キング・オブ・ファイターズ2001(THE KING OF FIGHTERS 2001)
その他:「KOF2001」「Fight it out!」「格闘アクション」(「メイ・リー」)
《背面》
総勢40人のキャラが、様々な試合形式で激突!

MAX 4vs.4の闘いがキミを待つ!!

タクティカルオーダーセレクトで最大4人出場もOK!

◆キャンセルストライカーで技の連携がスムーズ!
◆◆ワイヤーダメージから連続攻撃へ!
◆◆◆ストライカーの数で長さやストック数が異なる新パワーゲージ!

newface
K9999(ケイフォーナイン)

K'

newface
アンヘル

newface
フォクシー

クーラ・ダイアモンド
============
 前作『~2000』から更に「ストライカー(ST)」の利用方法がUP、また利用有無を決定できるようになった【格闘アクション】ゲームです。
 もう家庭用は発売されないのではと心配した『KOF』シリーズ・・・・・・本作(パッケージ)を量販店で見かけた時の嬉しさ──その時の印象が強く、私の中ではかなり思い入れのある《パッケージ》です。

賛否両論溢れる絵柄が登場するのですが、表面は気づかない・・・・・・
グラサンかけた「K'」が真っ赤な背景(「クーラ」[?]がうっすら浮かび、上方には白い太字で「KOF2001」)に佇んでいる、スタイリッシュ(?)な絵柄です。
《背面》に行くと上記に記載した面々(「K9999」~「クーラ」)の絵柄にて、「んっ、いつもと違う絵だな」と感じます。

本作の特色である「ストライカー(ST)」についての「◆◆◆」は、《背面》にあるゲーム画面にて小さいですが分かります。
でも「◆◆」の「ワイヤーダメージ」についてが・・・・・・名前だけで分かると思っているのかなあ、1画面ぐらい入れてもよさそうなのだけど。

相変わらず採用しているゲーム画面が良く分からない・・・・・・新キャラでは華があるのか女性キャラである「アンヘル」と「フォクシー」(STで登場)を採用、でもその他のゲーム画面では何故か「サイコソルジャー」チームが占めています。

 本作で「ネスツ」編が完結しますが、全く触れていない・・・・・・でもシリーズ(「過去」)のパッケージを見てみると元々システムの説明がメイン。
元々お祭り作品であり、中には『~98』とドリームマッチに専念した作品もあるし。(『~2003』を見ると追加となったシステムより・・・・・・。)
毎回、成功・失敗あるにせよ「何かしら新システム」(小さな変更・追加ではなく)を持ってくる、《背面》にどうどうと記載できる点は感心です。

──思い入れが強い分、ちょっと(感想が)「パッケージ」から離れてしまったかな。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

表.[09/01/29(木)]鑑賞アニメ,プレイゲーム
区分 作品名 補足 メモ
A スキップ・ビート! 第12話 【ピックアップ】参照。
第13話 ツナギで爆笑;運と実力,演技で引き出す。
第14話 ピンチから一転,私に合わせて・・・コンッ(乾杯)。
第15話 [蓮]のマネージャーに;ハンバーグ国王!?。
第16話 つい放送に追いついてしまった;恋愛展開!?。

【ピックアップ】[01/29]

■『スキップ・ビート!』
 ハードディスクに溜まった録画を消化するのに持って来いの作品・・・・・・それだけ見始めると止まらず、次から次へと見てしまう作品です。
「ボー」(鶏着ぐるみ)復帰──次の活躍へと【CMオーディション】へ。
そこで出会ったのは妙に萎縮(威勢のない)「モー子」さん・・・・・・青春っぽく、熱血展開となってきました。
最強【ラブミー部】、タッグ始動(友情パワー付き)です。

表.[09/01/30(金)]鑑賞アニメ,プレイゲーム
区分 作品名 補足 メモ
G サムライスピリッツ零 NEOGEO [リムルル]挑戦中,
[うふふふ・・・]なんか怖い。
G ミラクルアドベンチャー NEOGEO 【ピックアップ】参照。
G 龍虎の拳 NEOGEO [ロバート]でプレイ,
やはりイイ,
ジャンプB→着地C。
G 餓狼伝説 NEOGEO [アンディ]どうも苦手。

【ピックアップ】[01/30]

■『ミラクルアドベンチャー』[NEOGEO]
 分かり易く、操作性も良い【アクションゲーム】、でもちょっと何かが物足りないです。
際立った特色がないからかな・・・・・・。

(記:スッタコ小僧)

« 【書籍】『心霊探偵 八雲 3 闇の先にある光』読破 | トップページ | 【映画】『ターミナル』を見た »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【アニメ・ゲーム】1月25日(日)~1月30日(金)雑記:

« 【書籍】『心霊探偵 八雲 3 闇の先にある光』読破 | トップページ | 【映画】『ターミナル』を見た »

2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ