« 【書籍】『心霊探偵 八雲 2 魂をつなぐもの』読破 | トップページ | 【書籍】『ソード・ソウル~遥かな白い城の姫~』読破 »

2008年12月27日 (土)

【アニメ・ゲーム】12月25日(木)~12月26日(金)雑記

 久しぶりに書店のコミックコーナーを訪れたら読み続けている作品の最新刊が多数出ているのに吃驚です。
購入して帰宅し、自分の書棚を確認したところ間の巻がいくつか抜けている作品もあり・・・・・・いつの間に出ていたんだと更に吃驚です。
前述の間の巻を埋めて、現在読み始めていますが終盤を迎えた【アニメ】、盛り上ってきた【書籍(小説)】に時間を取られている状況です。

□表中「区分」の意味
A:アニメ
C:コミック
G:ゲーム
-:その他

表.[08/12/25(木)]鑑賞アニメ,プレイゲーム
区分 作品名 補足 メモ
C ガールズザウルスDX 第8巻 【ピックアップ】参照。
第9巻
第10巻
A とらドラ! 第11話 【ピックアップ】参照。
第12話 [逢坂]家一件落着!?,一方[高須]vs.[櫛枝]勃発。
第13話 文化祭最終日─さて,諸々の結末は如何に。

【ピックアップ】[12/25]

■『ガールズザウルスDX』[第8・9・10巻]
 いつの間には最終巻(第10巻)が発売されていて、急遽、間の巻(第8・9巻)を埋めて読み終わりました。
「楠桂(くすのき・けい)」さんの描くいわゆる《ハーレム》(?)漫画です。

恐竜女「西春遥(にしはる・はるか)」に【告白】→【KO】されて、女性恐怖症に陥った「知立真悟(ちりゅう・しんご)」。
恐怖症克服の為、保健医「扶桑聖(ふそう・ひじり)」(女王様!?)の勧めで女性ばかりの「ボクササイズ」部に・・・・・・部員の女性、周りの女性、加えて(主人公・周りの女性達の)家族を含めて「知立」君の女難人生開幕です。

前述以外の主な登場人物は以下の通り。
・「金山希(かなやま・のぞみ)」
 見かけは「プチ」だが、積極的な女性で最終第10巻では「デビル(悪魔)」ぶりを発揮。

・「栄生晶(さこう・あきら)」
 ボーイッシュというより、男まさり──けど家ではお嬢様!?。

・「星ヶ丘蛍(ほしがおか・ほたる)」
 眼鏡&ドジっ子──破壊力から既に「トジ」を超えている逸材。

・「江南翼(こうなん・つばさ)」
 男性なのですが、その容姿ゆえに・・・・・・。
前述「金山希」に片思い中。

他にも【最凶】と呼ばれる《ザウルス》が多数いるのですが、読んでのお楽しみと。

第8巻:
 女性恐怖症を克服!?・・・・・・というより性格の豹変した「知立」、また「知立」の母親&「西春遥」の母親の【最強(+最悪)】&【最強(+α)】っぷりが楽しめる巻となっています。
第9巻:
 更に「知立」の母親話で小盛り上がり、そして久しぶりに「知立」のブラコン妹「昴」が登場・・・・・・ちょっと期待ハズレ(?)の内容でしたが。
第10巻:
 【最終巻】です。
 一言でいうと「ちょっと物足りない・中途半端な終わりだったなあ」です。
 「西春遥」への恋心を意識した「知立」、女性恐怖症克服に向けて奮闘する姿が描かれ、全編を通して終着点に向かっている事は良く分かるのですが──。
【シリアス】で終わらせるか、【ドタバタ】で終わらせるのか──偏りがなく、中途半端な終わり方だったなあ。
どんな作品でも【終わり方】は大きく記憶、またはその作品についてのイメージを大きく印象づけるだけに私はちょっと残念に思いました。

■『とらドラ!』
 文化祭、「ミスコン」代表となった「手乗りタイガー」。
一方、クラス出し物は「春田」のボケ(?)&「ゆり」先生の陰謀(?)により「プロレスショー」となりました。
クラス対抗戦且つ優勝クラスには賞品が出るということで盛り上るクラスメイト達・・・・・・。
そんな中、「大河」に異変──「大河」父親登場です。

表.[08/12/26(金)]鑑賞アニメ,プレイゲーム
区分 作品名 補足 メモ
A ヒャッコ 第11話 【ピックアップ】参照。
第12話 [虎子]の家庭事情→姉[鬼百合]&友達により大団円!?。
第13話 [最終回],入学式当日のエピソード0。
A ロザリオとバンパイアCAPU2 第8話 【ピックアップ】参照。
第9話

【ピックアップ】[12/26]

■『ヒャッコ』
 ゆるーく、気楽に笑えて楽しめた作品でした。
最近放送されている【アニメ】は数多いですが、中にこういう作品が一作はあるとありがたいです。
第10話は録り逃してしまい、久しぶりに一気に見ました。

自習により体育館にて【ドッチボール】対決となりました。
「ドラゴンプリンセス」(「龍姫」)、「タイガーキッド」(「虎子」)、「ハーバーバニー」(「湊兎」)、「ウォーキング・・・」(「歩巳」)とニックネームづけは失敗し、いざ試合開始です。
【顔面セーフ→退場】にて《死屍累々》の状態へ。
「雀」の力に恐怖を感じた「虎子」、リーダー対決にて担任先生に代わってもらって・・・・・・先生受難。

■『ロザリオとバンパイアCAPU2』
第8話:
 ショート集にて、普段あまり目立たない
 独りだけロングスカート「瑠妃」
 「必殺マタタビ拳」の「猫目」先生
が活躍する回となりました。
 最終回への伏線か、人間界へも影響を及ぼす「大結界」のお披露目もありました。
第9話:
 スキー合宿にて「みぞれ」の故郷へ──「みぞれ」家族により「月音」包囲網、「夜明けのカキ氷作戦」開始です。
そこから一転、「心愛」&「月音」が雪崩により谷底へ──「萌香」と「心愛」姉妹の過去が垣間見える内容となっています。
もちろん、いつもの映像(内容)あり・・・・・・温泉付です。

(記:スッタコ小僧)

« 【書籍】『心霊探偵 八雲 2 魂をつなぐもの』読破 | トップページ | 【書籍】『ソード・ソウル~遥かな白い城の姫~』読破 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【アニメ・ゲーム】12月25日(木)~12月26日(金)雑記:

« 【書籍】『心霊探偵 八雲 2 魂をつなぐもの』読破 | トップページ | 【書籍】『ソード・ソウル~遥かな白い城の姫~』読破 »

2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

リンク