« 【映画】『ラブ・オブ・ザ・ゲーム』を見た | トップページ | 【書籍】『魔界ヨメ! 第2巻 コウモリ娘の血族』読破 »

2008年12月31日 (水)

【アニメ・ゲーム】12月29日(月)~12月30日(火)雑記

 【最終回】を迎えた【アニメ】を見ようとしているのですが──時間がないなあ、疲れて夜更かしもできないし。

 本屋へ行ったら気になる新刊(【コミック】・【書籍】)が・・・・・・
 【映画】、見始めると色々見てしまう・・・・・・
 【ゲーム】、[RPG]系やると時間がかかるなあ・・・・・・

と諸々時間を取られて──まあ、ここ数日の午前中は全て大掃除に費やしていた事も影響しているのですが。

□表中「区分」の意味
A:アニメ
C:コミック
G:ゲーム
-:その他

表.[08/12/29(月)]鑑賞アニメ,プレイゲーム
区分 作品名 補足 メモ
A ロザリオとバンパイアCAPU2 第11話 【ピックアップ】参照。
第12話 [大結界]崩壊,封印の為[ロザリオ]を・・・;ピンク(髪)[萌香]さらば。
第13話 【ピックアップ】参照。
A 今日の5の2 第11話 【ピックアップ】参照。
第12話 焼き芋攻防;福引のコツは・・・無心<無欲<食欲。
第13話 【ピックアップ】参照。

【ピックアップ】[12/29]

■『ロザリオとバンパイアCAPU2』
第11話:
 「月音」の幼馴染「キョウちゃん=響子」来校です。
鏡の九十九神により、学園はパニック(暴走)状態へ……。
なんとか治まるも、「大結界」が崩壊です。
第13話:
 【最終回】です。
封印のロザリオを求めて、最終決戦──

vs.「謎こうもり」(あれっ「女こうもり」も…)
vs.「つららちゃん」(「みぞれ」母)&家族
→「月音」⇒「紫」&家族(母の隕石金ダライが印象的)、「みぞれ」へタッチ。
vs.「胡夢」母
→「胡夢」へタッチ。
vs.「萌香」父

の展開となっています。
少しシリアス展開となりましたが、基本、いつも通り相変わらずの映像と優柔不断!?、いつも通りの《ドタバタ》で終了です。

■『今日の5の2』
 「桜場コハル」さん一気にブレイクだったなあ、また『みなみけ』が帰ってくるし。
でも十分に原作が進んでいない中、大丈夫かなと少し心配──まあ、『ちびまる子ちゃん』・『サザエさん』と同じく登場人物さえ整っていれば、色々と【追加】(話作成)が可能な作品とは思いますが。
第11話:
 修羅場の保健室・・・・・・風邪ひき「リョータ」受難の展開です。
「カモ」(命名「コバヤシ」)との出遭いと別れ、そして【5の2女子・髪型オシャレ激動期】の話がありました。
第13話:
 【最終回】です。
何を持ってくるのかと思ったら、「リョータ」と「チカ」の幼い頃の約束──《普通》に終わらせようとしてきたなあ。
でも、結局、今回面白かったのは最後のエンディング・・・・・・話ではなく、最後のエンディング(スタッフロール)が一番面白くなってしまう作品、今までも多々あったのですがちょっと残念です。

表.[08/12/30(火)]鑑賞アニメ,プレイゲーム
区分 作品名 補足 メモ
A 名探偵コナン 08/11/03 【ピックアップ】参照。
08/11/10
G ワールドヒーローズ2JET NEOGEO [ブロッケン],AB同時押しコマンドミスが命取り。
G サムライスピリッツ零 NEOGEO 【ピックアップ】参照。
G エルドラドゲート 第4巻 DC 【ピックアップ】参照。
A カオス;ヘッド 第5話 【ピックアップ】参照。
第6話 [拓巳]の身近に迫る事件;妄想を現実にする力とは!?。
C SP 薬師寺涼子の怪奇事件簿 短編集 - 【ピックアップ】参照。

【ピックアップ】[12/30]

■『名探偵コナン』
 『風林火山 迷宮の鎧武者』&『風林火山 陰と雷光の決着』の1時間スペシャル版+30分通常版で、久しぶりの「コナン」&「平次」共闘(共推理)が見られた事件です。
まあ、今回二人の推理の見所は少なかったけど・・・・・・まあ、最後の【剣道】⇒【サッカーボール】での活劇があっただけ良かったかな。
今回は孤高の刑事「大和勘助」&(元同僚)「由衣」ペアがメインといったら、メインだったので。

 竜巻で吹き上げられて墜落死──死体の脇には何故か「百足」が。
そしていがみ合う「虎田」家と「龍尾」家の周りで次々発生する殺人、六年前に発生した事件との関連は如何に──。
「蘭」&「和葉」の女性陣を襲った障子に映った影──「諏訪法性(すわほっしょう)」の兜姿の「武田信玄」!?。

今回も暗い結末へいくのかと思いきや──ここは裏切ってくれて良かったです、【恋の軍略⇒風林火山】は「蘭」&「和葉」共に失敗!?。

■『サムライスピリッツ零』[NEOGEO]
 「破沙羅」クリアです・・・・・・エンディングはスタッフは考えたんだろうけど、ちょっと《空回り》。
でも、代わりにどんなエンディングが考えられるかというと確かに困ってしまうキャラだなあ。
さて、次はどのキャラをプレイしようかな。

■『エルドラドゲート 第4巻』[DC]
 本腰入れてクリアに取り掛かる心づもりなのですが・・・・・・【アニメ】も見ないとハードディスクがもうパンパンなので。
「第9話」に突入、妖精!?・・・・・・にしては(背丈が)大きい、背中に羽らしきものがある「ミーマ」登場です。
三人のおばあちゃんに育てられた「ミーマ」、次々と奇病にて倒れるおばあちゃんを救う為、奮闘です。
でも、何やらその行動が──。
 相変わらず【戦闘】はそんなに面白くないのですが、【ストーリー】でかろうじて引っ張ってくれています。

■『カオス;ヘッド』
 「拓巳」、女難(?)続き──
交差点に見えた鎖に誘われて・・・・・・「人は電気仕掛け」との講義受講。
「DID(多重人格)」と疑われて・・・・・・逃走。
逃走を助けてくれて「ディソード」の存在する場所についての説明を・・・・・・「超越した場所≒異空間」、とますます困惑。

 進んでいるようで進まない物語・・・・・・話数的にはもう半分きったと思うのですが、ここから怒涛の展開が待ち受けているのでしょうか。
続きが気になる作品ではあります。

■『SP 薬師寺涼子の怪奇事件簿 短編集』[-]
 「田中芳樹(たなか・よしき)」原作、「垣野内成美(かきのうち・なるみ)」漫画の【ドラよけお涼】のコミック版です。
【アニメ】化前に第1~2巻ぐらいは読んでいたのですが、いつの間にか【小説】しか読まなくなってしまっていて──【アニメ】化の影響を受けて、今回購入に踏み切りました。
まあ、単行本を今更揃えるのも・・・・・・と思っていた所、丁度この短編集を見かけて短編集だけでも久しぶりにコミック版を読んでみるか、ひさびさ「お涼」と「泉田」の《じれったいながらも・・・・・・》が読みたくなって。

 期待に応えてくれる作品です、欲を言えば【アニメ】で登場した「もなみ」が見たかったなあ──という点はありますが。

・「さわらぬ女神にタタリなし」
⇒人が消える!?、残ったのは絵画のみ──怪奇事件です。

・「暴風女神」
⇒「香港」にて大暴れ!?、「泉田」に(ちっちゃな)ライバル登場!?。

・「眠れる森の魔女」
⇒夢?、夢の中でも「泉田」(いつも通り)苦労。

・「Colla-box」
⇒「垣野内成美」さんの他作品『レイスイーパー』とのコラボ。

(記:スッタコ小僧)

« 【映画】『ラブ・オブ・ザ・ゲーム』を見た | トップページ | 【書籍】『魔界ヨメ! 第2巻 コウモリ娘の血族』読破 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【アニメ・ゲーム】12月29日(月)~12月30日(火)雑記:

« 【映画】『ラブ・オブ・ザ・ゲーム』を見た | トップページ | 【書籍】『魔界ヨメ! 第2巻 コウモリ娘の血族』読破 »

2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ