« 【アニメ・ゲーム】11月30日(日)~12月2日(火)雑記 | トップページ | 【書籍】『緋色の研究』読破 »

2008年12月 5日 (金)

【書籍】『血と薔薇』読破

 「ジェームズ・パターソン」著、ワシントン市警殺人課刑事「アレックス・クロス」シリーズ第七弾です。
前作の
『闇に薔薇』二部構成となっているのですが・・・・・・意味を成していません。
中途半端な結末を迎えて今作へ<やきもき>させたにしては【闇将軍】、影が薄くなっています。
別の殺人コンビ、【吸血鬼】達が<大暴れ>する展開に飲まれてしまっています──もっと<散らさない>と最後に集中しているだけでは。

 今回も前作と同じ轍を踏んでいます・・・・・・意外な犯人を持ってくれば良いもんじゃない!!。

それにしても本作の主人公・・・・・・一体、何が優れているのでしょうか。
周りの登場人物達の会話の中では、【凄腕】らしいのだが、前作・今作と全く<いい所>がない──成り行き、時間が事件を解決したとしか思えません。
<スランプ>なのか、挫折中、どん底なのでしょうか。

 残念ながら、いまいち魅力の感じられない主人公・・・・・・これでは今後、シリーズを読み進める気がしません。
ただ、やたらと昔の事件の話が出てくるので、第一弾から読んでみたら印象は変わってくるのかも──(初期は大いに活躍したのでしょうか?)。

(記:スッタコ小僧)

« 【アニメ・ゲーム】11月30日(日)~12月2日(火)雑記 | トップページ | 【書籍】『緋色の研究』読破 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【書籍】『血と薔薇』読破:

« 【アニメ・ゲーム】11月30日(日)~12月2日(火)雑記 | トップページ | 【書籍】『緋色の研究』読破 »

2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ