« 【書籍】『思考機械』再読 | トップページ | ◆◆読んだ本一覧・あ行◆◆ »

2008年11月20日 (木)

【書籍】『イナイ×イナイ』読破

 「森博嗣(もり・ひろし)」著、新章・【Xシリーズ】の第一弾です。
先に第二弾の『キラレ×キラレ』を読んで、《著者らしさ》がないとの感想を持ちました。
さて、第一弾はどうだったかというと・・・・・・

 あれっ、《著者らしさ》ってなんだろう・・・・・・そもそも【森ミステリィ】の特色って何だろう

 分からなくなってしまいました。
「論理」・「現代の技術/科学」などに加えて、清涼感というか冷徹な《独特の雰囲気》があったように思うのですが──。

 《独特の雰囲気》を崩した要因として、【登場人物】が挙げられると思います。
特に著者の【ユーモア・SF】とも言うべき作品、『ZOKU』『ZOKUDAM』を既に読んでいるとメインの女性が「ロミ・品川」という人物に重なってしまい、よりインパクトのある「ロミ・品川」の印象/記憶に塗り潰されてしまう。
本作品、新シリーズを牽引すべき人物が他のシリーズ且つジャンルの異なる作品の人物に取って変わられてしまうとは・・・・・・先行き不安です。

また、前シリーズの最終作から終わり/解決が中途半端な作品が多くなっていている点も気になります。
ある程度、煙に巻いて読者の想像に任せるのも良いのですが、昔からそのような事していたっけ・・・・・・やっていたとしても、ちょっと程度が大きくなり過ぎている気がします。

 さて本書の内容ですが、

 経営者不在が多い美術鑑定&探偵「椙田(すぎた)事務所」で働く元社長秘書から探偵助手へ転身した「小川令子(おがわ・れいこ)」女史。
 加えて、事務所に入り浸り(?)、ボランティアで手助けする芸大生「真鍋瞬一(まなべ・しゅんいち)」君。
 主人が死去した旧家&富豪の箱入り娘(?)[双子の片割れ]から、行方不明の兄探しの依頼が発生し、不在の所長(?)「椙田」に代わり初事件と意気込みます。
 屋敷に訪れた二回目、同業である探偵「鷹知祐一朗(たかち・ゆういちろう)」と地下牢にて死体を発見──。

以上・・・・・・色々と思い返しているのですが、特筆すべき所は何もないかな。

(記:スッタコ小僧)

« 【書籍】『思考機械』再読 | トップページ | ◆◆読んだ本一覧・あ行◆◆ »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【書籍】『イナイ×イナイ』読破:

« 【書籍】『思考機械』再読 | トップページ | ◆◆読んだ本一覧・あ行◆◆ »

2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
無料ブログはココログ