« 【アニメ・ゲーム】11月16日(日)~11月17日(月)雑記 | トップページ | 【書籍】『イナイ×イナイ』読破 »

2008年11月19日 (水)

【書籍】『思考機械』再読

 「ジャック・フットレル」著、【思考機械(THE THINKING MACHINE)】──「オーガスタス・S・F・X・ヴァン・ドゥーゼン教授」の活躍する【推理小説】(短編集)です。

 チェスの世界チャンピオンを十五手で打ち負かし、【思考機械】と言わしめた「ドゥーゼン教授」。
その肩書きは「科学者」、「論理学者」、「哲学博士」、「法学博士」、「王位学会会員」、「医学博士」・・・・・・と切りが無い。

 そんな「ドゥーゼン教授」が新聞記者「ハッチ」の持ち込む「不可解/不可思議事件」の謎を解く探偵譚が綴られています。

久しぶりに読むと改めて自分の中で思います。

 (本書は)【不可解/不可思議事件の(謎解明の)種本】

今まで読んできた本なかで、本書ほど「事件およびトリックを記憶している/印象深い作品はない。」と言えます。(トリックの良し悪しは別として・・・・・・。)
何でなんだろう、不思議です。

【思考機械】の異名を持ち、また特徴のある風貌にて記載されている【名探偵】・・・・・・でも(他の作品にて)、他に好きな【名探偵】はたくさんいる。
不可解/不可思議な事件・・・・・・でも(他の作品にて)、もっと奇抜で不可解な【事件】にはたくさん遭遇しているし、もっと奇抜な【トリック】にも触れている。

<読んだ順序>か、<読んだ時期>か、それとも自分では自覚していない他の要因があるのか──【思考機械】という名称と共に記憶に深く刻みついている作品です。

最後に収録されている話の一覧を・・・

■序・思考機械登場
⇒【思考機械】と呼ばれるようになったエピソード

■失くなったネックレース
⇒盗難ネックレス受け渡し方法の謎

■幽霊自動車
⇒一本道から消える自動車の謎

■茶色の上着
⇒銀行強盗犯の(お金の)隠し場所の謎

■完全アリバイ
⇒容疑者、犯行時間には歯医者に・・・

■余分な指
⇒人差し指切断の依頼にきた奇妙な婦人の謎

■盗まれたルーベンス
⇒監視環境からの絵画盗難の謎

■秘密漏洩
⇒情報伝達方法の謎

■燃える幽霊
⇒怪奇現象の謎

■赤い糸
⇒連続殺人未遂(?)発生

■13号独房の問題
⇒『プリズン・ブレイク』の「マイケル」も真っ青!?、一週間で刑務所の独房から脱獄できると豪語する【思考機械】。
 友人・刑務所所長の協力により実演する事に・・・・・・果たして、成功するのか──。

(記:スッタコ小僧)

« 【アニメ・ゲーム】11月16日(日)~11月17日(月)雑記 | トップページ | 【書籍】『イナイ×イナイ』読破 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【書籍】『思考機械』再読:

» すべての成功すべての巨富... ナポレオン・ヒル(米国の著述家) [名言ブログ]
すべての成功すべての巨富はアイディアから生まれる。ナポレオン・ヒル(米国の著述家) [続きを読む]

« 【アニメ・ゲーム】11月16日(日)~11月17日(月)雑記 | トップページ | 【書籍】『イナイ×イナイ』読破 »

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

リンク