« 【アニメ・ゲーム】10月12日(日)~10月13日(月)雑記 | トップページ | 【書籍】『ST 警視庁科学特捜班』読破 »

2008年10月15日 (水)

【書籍】『ベテルギウス決死圏 宇宙捕鯨船バッカス』読破

 「中島望(なかしま・のぞむ)」著、【スペース・ファンタジー】『宇宙捕鯨船バッカス』三部作、最終巻です。

前作の終わり方から、一気に超巨大宇宙鯨「ニードルズ・ヒル」との最終戦へ突入するかと思ったのですが・・・・・・。

■巨大宇宙樹「バオバブ」
■別の鯨を捕獲、その胎内から新たなアンドロイド・・・そして巻き起こす主人公「沖田正午」大ピンチ
 ※最大のピンチは最後の──。
■またまた海賊と遭遇

あれっ、「堂々の完結篇」と記載しているが、《色々と解決しないまま》終わってしまうのかなと──違いました、最後に詰め込んだなあ。
「書き下ろし」なので該当しないのですが、なんか<連載打ち切り>で急遽、結末を持っていたような【駆け足での終了】との印象が否めません。(最後の船長の・・・・・・があまりにも都合良くて。)

でも、構成的にはこれで良かったかも知れません。
宿敵との対決で一冊は持たないと思いますし、本作で描いている宇宙世界についての色々な話(本作では宇宙樹・緑の星・被爆した星など)を持ってきた点が本作および本シリーズを飽きずに一気に読ませるスピードに繋がったと思います。

シリーズ一貫して記載してきましたが、話の目新しさはありません──でも、著者独自の雰囲気(厳しさ・熾烈さ)が滲みでていました。
(あとがきに記載がありましたが、著者が盛り込んだ「萌え」はちょっと空回りに感じました。)

(記:スッタコ小僧)

« 【アニメ・ゲーム】10月12日(日)~10月13日(月)雑記 | トップページ | 【書籍】『ST 警視庁科学特捜班』読破 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【書籍】『ベテルギウス決死圏 宇宙捕鯨船バッカス』読破:

« 【アニメ・ゲーム】10月12日(日)~10月13日(月)雑記 | トップページ | 【書籍】『ST 警視庁科学特捜班』読破 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

リンク