« 【書籍】『ランデヴーは危険がいっぱい 宇宙捕鯨船バッカス』読破 | トップページ | 【アニメ・ゲーム】10月7日(火)~10月11日(土)雑記 »

2008年10月11日 (土)

【映画】『チャーリーとチョコレート工場』を見た

 奇妙奇天烈なチョコレート工場の主に「ジョニー・デップ」、貧しいながらも素直で家族思いの少年(チャーリー)に「フレディー・ハイモア」を配した【ファンタジー】映画です。

<ちょっと見た>映像と<ちょっと聞いた>あらすじにて、「私向きでは無いかな」と評判の良い作品ながらも食指が動かなかった本作──やっと視聴です。

さて感想は・・・

 奇抜な映像・演出ながら、話自体は最終的には《家族》をテーマに「落とすべき所に落ちたなあ。」と・・・・・・すんなりというか、普通にまとまっています。
そのお陰か見終わった後に<軽く>、爽快感に繋がっています・・・・・・単純に楽しめました。(ストーリー自体は簡単で、好悪人物の差が歴然です。)

~見終わった後に、特に大きな余韻を残す作品ではありませんが、見ている間とても楽しめる~

話自体に1回見たら<ネタが割れる>といった系統の作品ではなく、単純に映像・演出(後述)を楽しむ作品なので何回見ても楽しめる作品でもあります。

 確かに「ジョニー・デップ」の【怪演】が光りましたが、やはり一番に印象に残ったのは小人「ウンパルンパ」による【歌と踊り】──。
「ウンパルンパ」の【顔】と合わせて、妙に記憶に残っています。

 チョコレートに隠されたたった5枚の「金のチケット」・・・・・・当たった子供はチョコレート工場にご招待。
そしてその中の一人にはすてきな賞品を──。

(記:スッタコ小僧)

« 【書籍】『ランデヴーは危険がいっぱい 宇宙捕鯨船バッカス』読破 | トップページ | 【アニメ・ゲーム】10月7日(火)~10月11日(土)雑記 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【映画】『チャーリーとチョコレート工場』を見た:

« 【書籍】『ランデヴーは危険がいっぱい 宇宙捕鯨船バッカス』読破 | トップページ | 【アニメ・ゲーム】10月7日(火)~10月11日(土)雑記 »

2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ