« 【書籍】『マルタ・サギーは探偵ですか?』読破 | トップページ | 【書籍】『キラレ×キラレ』読破 »

2008年9月 9日 (火)

【アニメ・ゲーム】9月6日(土)~9月8日(月)雑記

 終盤も近いので、なかなかこの時点で一気に視聴しておくかどうかが決まらず、ハードディクス内の録画が溜まりがちです。
また、最近は見ていない映画のテレビ放映も続いたので。

□表中「区分」の意味
A:アニメ
C:コミック
G:ゲーム
-:その他

表.[08/09/06(土)]鑑賞アニメ,プレイゲーム
区分 作品名 補足 メモ
A フルメタル・パニック!TSR 第4話 [アーバレスト]・・・λドライバ不調。
第5話 黒い[M9]登場・・・何だか派手アクション一辺倒に。
A 秘密 The Revelation 第16話 全盲の元映画監督・・・巨匠;その最後の作品は。
G SNKギャルズファイターズ NGP 【ピックアップ】参照。
G 激突カードファイターズ CAPCOMサポーターズバージョン NGP [ゾンビ]に苦戦,ボス及びカードにも。
G dancingblade かってに桃天使!完全版 DC 【ピックアップ】参照。
G ストリートファイターⅢ 3rd STRIKE DC [ケン],ブロッキング練習・練習。
- SmaSTATION!! 08/08/30 【ピックアップ】参照。

【ピックアップ】[09/06]

■『SNKギャルズファイターズ』[NGP]
 「色」挑戦中です。
あまり目立った必殺技がないのが残念・・・・・・スタンダードまたは既出/類似がある技ばかり。
でも『SVC CHAOS』[NEOGEO]にて(家庭用で)プレイできるキャラとなった時に嬉しかったのと同様に使えるだけでも・・・。

■『dancingblade かってに桃天使!完全版』[DC]
 アニメを挿入したアドベンチャーゲームです。
まあ、まずそのモチーフに驚きというか呆れるというか・・・・・・。
加えて、ボリューム不足──その点を考えるとゲームとして、かの『ぱにっくちゃん』[SS]と<どっこいどっこい>!?。
それはちょっと、言い過ぎか・・・・・・。

■『SmaSTATION!!』[情報番組]
 番組がアンケートをとった80年代から90年代前半の【懐かしのテレビゲーム ベスト20】を放送していました。
ベスト20、番組の独自(独断)の珍作・激ムズ、隠れた名作・・・・・・全てメジャー級の作品ばかりだったのがちょっと残念でした。
もう少し見た事のない作品も出てくると私的には楽しめたのですが・・・・・・まあ、「懐かし」がメインなのでほとんどの人が知らない作品を前面に出してもしょうがないのですが。

表.ベスト20
順位 作品名 一言
01 スーパーマリオブラザーズ 不動・・・。
02 ドラゴンクエスト シリーズ全体を通し,あまりプレイしていない。
03 ストリートファイターⅡ 格闘ゲームに嵌ったキッカケ。
04 テトリス 父親も嵌っていた・・・。
05 ゼビウス 地上攻撃の照準合わせ。
06 ゼルダの伝説 [GBA]の挑戦待ち。
07 ファイナルファンタジー [Ⅴ]からプレイ。
08 ボンバーマン 10人プレイ可能は凄いなあ。
09 スパルタンX [SS]でプレイ中・・・大分,プレイが止まっているが。
10 ポートピア連続殺人事件 推理小説好きとしてその衝撃の結末が気になる。
11 ロードランナー タイトルから違うモノを連想する。
12 桃太郎電鉄 シリーズ未プレイ;日本地理を学ぶのに役立つかな?。
13 ツインビー 鐘・・・[パロディウスだ!]の方が印象が強い。
14 エキサイトバイク 確かにコース作成は面白かった。
15 アイスクライマー プレイした事がない。
16 高橋名人の冒険島 [ハドソン],作品自体が良かった。
17 ソニック・ザ・ヘッジホッグ [SS]でちょっとプレイ。
18 グラディウス 本家より[パロディウス!]ばかりプレイ。
19 魔界村 [SS]にて再プレイ予定,[超~]はラスボスまで到達した記憶が。
20 マッピー 未プレイ。

次は、珍作・激ムズゲームです。

表.珍作・激ムズ
作品名 一言
たけしの挑戦状 良く採り上げられる作品。
スペランカー カートリッジとBGMに強い印象。
バンゲリングベイ 未プレイ。
ドルアーガの塔 アニメ化もあったし。

次は、隠れた名作ゲームです。

表.隠れた名作
作品名 一言
ダービースタリオン全国版 プレイした事はないが有名すぎる作品。
MOTHER ただいま[GBA]でプレイ中。
ロックマン プレイした事はあるが・・・あまり。

また、こういう特集を放送してくれないかなあ──。

表.[08/09/07(日)]鑑賞アニメ,プレイゲーム
区分 作品名 補足 メモ
A サムライチャンプルー 第7話 スリ青年,役人,悪人,フウ達・・・悲しい結末。
第8話 ビッグな男のパロディ展開の中に[ジン]の過去─無住心剣術,円四郎師匠。
A うちの三姉妹 第1話 【ピックアップ】参照。
第2話
A マクロスFrontier 第16話 【ピックアップ】参照。
第17話
A 隠の王 第17話 禁術を巡り,混戦──。
A 鉄腕バーディーDECODE 第5話 爆破事件,連邦と同盟のイザコザ。
第6話 [中杉]さん家へ・・・変質する少女。
G SNKギャルズファイターズ NGP 【ピックアップ】参照。
A ソウルイーター 第18話 創立記念日前夜祭に夜襲,地下に眠る鬼神を巡り攻防開始。
第19話 初代鬼神[アシュラ]・・・最強であり,最強のビビリ;vs.メデューサ。
第20話 vs.魔剣,[マカ]リベンジマッチ・・・[マカ]狂気化(暴走)へ。
第21話 vs.魔剣(後半戦),そして決着;[キッド],[パティ(さん)]の鶴の一声で持ち直し。
A イタズラなKiss 第22話 [ノンちゃん]復帰;誕生日デート,お母さんナイスフォロー。
A ゼロの使い魔 三美姫の輪舞 第7話 仮装舞踏会,こんどは姫様と;vs.[タバサ];先生─復活!?。
第8話 探検船[オストランド(東方)号];[タバサ]に危機到来。
A 狂乱家族日記 第20話 [千花]幼い頃;トッピンパラリノプー;相変わらず変なシナリオ。
第21話 ブラックサンタ,[狂華]vs.[サンタ]。
G ワールドヒーローズ2JET NEOGEO [J.カーン]技後の隙が大きく勝つのが難しいキャラに。
G サムライスピリッツ零 NEOGEO [タムタム],[アハウ・ガブル]射程が短くなったが別の飛び道具があるので。
G ダブルドラゴン NEOGEO [アモン],[エディ],[ブルノフ],[アボボ]・・・[ブルノフ]強キャラ。

【ピックアップ】[09/07]

■『うちの三姉妹』
 「ほんわか」と楽しめる作品が見たくて──テレビ放映の第1話は見ていた作品です。
松本ファミリープレゼンツ
・長女「フー」(5歳):おっぺけぺー
・次女「スー」(3歳):リベロ、自由人
・三女「チー」(1歳):・・・まんま怪獣/怪人?
期待通り、面白かったです。

■『マクロスFrontier』
第16話:
 「ランカ」人気急上昇──そして、「歌」の謎。
ついに「歌」実戦投入です──「ミンメイ・アタック」ならぬ「ランカ・アタック」、効果ありです。
ついに超時空シンデレラ「ランカ」、「ミンメイ」・「バサラ」に続き<伝説>への仲間入り?。
第17話:
 「星間飛行」のオープニングで始まり、「ランカ」と兄の昔話──。
「ホールドクォーツ」(≒奇跡の石)なども出てきて、不吉な予感──。
敵、脱皮→強化→今までの武器が効かないで、大ピンチ──。
「スカルリーダー」、またこの展開・・・・・・ある意味《伝統》かと思いましたが・・・・・・まあ、ここは<裏切って>くれて良かったです。

■『SNKギャルズファイターズ』[NGP]
 「色」クリアです──今までクリアしたキャラと毛色が違ったエンディングに吃驚です。
CPU戦は決まっても威力は低いのですが「空華」からの「蓮華舞」、ゲージが溜まったら「魔界転生」──。

表.[08/09/08(月)]鑑賞アニメ,プレイゲーム
区分 作品名 補足 メモ
A ひだまりスケッチ×365 第9話 暑中見舞い作成[吉野屋]vs.[校長]。
第10話 両親来訪・・・原作で好きな回だったのだが。
A 狂乱家族日記 第22話 宇宙人[オアシス]登場,次回は[強欲王]!?。
G KOF2001 NEOGEO [キム],ゲージ3つあれば安定/強力連続技を叩き込めるキャラ。
G ブレイカーズ NEOGEO [翔],どうも[アルシオン三世]が苦手。
G サムライスピリッツ零 NEOGEO 【ピックアップ】参照。
G サムライスピリッツ NEOGEO 【ピックアップ】参照。
G クロスソード NEOGEO コツコツ練習─。
G ワールドヒーローズ2JET NEOGEO 【ピックアップ】参照。

【ピックアップ】[09/08]

■『サムライスピリッツ零』[NEOGEO]
 「タムタム」クリアです・・・・・・ちょっと拍子抜けのエンディング、意外さを狙ったのかも知れませんが。
船の後ろの夜景のみ印象の残った最後でした。

■『サムライスピリッツ』[NEOGEO]
 「タムタム」で挑戦中・・・・・・ボーナスステージ(演武)はしゃがみ中斬りが使い易いです。
CPU戦は「王虎」に敗退・・・・・・勝てる試合だったのにもったいない。
怒り状態の強「気功爆転法」を喰らって、一気にK.Oされました。

■『ワールドヒーローズ2JET』[NEOGEO]
 「J.カーン」で挑戦中・・・兎に角「立ち強キック」がメインです。
必殺技は連発できず、確実に当てるタイミングで大切に使用する。
まあ、本作はカウンターダメージが半端でないので、どの技も安易に繰り出せない緊張した戦いが続くのですが。

(記:スッタコ小僧)

« 【書籍】『マルタ・サギーは探偵ですか?』読破 | トップページ | 【書籍】『キラレ×キラレ』読破 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【アニメ・ゲーム】9月6日(土)~9月8日(月)雑記:

« 【書籍】『マルタ・サギーは探偵ですか?』読破 | トップページ | 【書籍】『キラレ×キラレ』読破 »

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

リンク