« 【映画】『ナショナル・トレジャー』を見た | トップページ | 【書籍】『マルタ・サギーは探偵ですか?』読破 »

2008年9月 7日 (日)

【書籍】『首挽村(くびきむら)の殺人』読破

 「大村友貴美(おおむら・ゆきみ)」著、第27回横溝正史ミステリ大賞の大賞受賞作の【推理小説】です。

 雪深く、昔、飢饉などで生き残るために弱者を<間引く>・・・・・・(老若男女問わないことからの呼ばれた)<首挽く>という【習慣】があった村。

1.村に伝わる「むかし噺」通りに発生する連続殺人事件
2.伝説の赤熊の恐怖・・・・・・食料のない山から下りてきて、ついに人を。

の二本を柱に物語が進みます。

熊に襲われる緊迫した描写は良いのですが(事件とは別の緊張/緊迫感を演出)、でも結局、期待していた「マタギ」との対決は・・・・・・。
「1.」部分の謎(犯人)への推理の面白さはありましたが、せっかく「2.」について大きく文章を割り当てたのなら・・・・・・と[少し残念]に思いました。

また、本作では高齢化、少子化、過疎化、医療格差などなど現代社会の抱える問題についても扱っています。

<犯人の意外さ>に重点を置いた作品
 恐ろしい「むかし噺」などにて「おどろおどろしい」雰囲気を盛り上げようとしています。
ただ、底辺に横たわる真相の影響か、思ったより盛り上らず/不気味に感じず<淡々と読み進める>事になる作品でした。

どうも私自身、【横溝正史ミステリ大賞】肩書きを意識しすぎて、上記のような感想を持ってしまう。

(記:スッタコ小僧)

« 【映画】『ナショナル・トレジャー』を見た | トップページ | 【書籍】『マルタ・サギーは探偵ですか?』読破 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【書籍】『首挽村(くびきむら)の殺人』読破:

« 【映画】『ナショナル・トレジャー』を見た | トップページ | 【書籍】『マルタ・サギーは探偵ですか?』読破 »

2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

リンク