« 【アニメ・ゲーム】8月27日(水)~8月30日(土)雑記 | トップページ | 【映画】『ワイルド・スピード×2』を見た »

2008年9月 1日 (月)

【書籍】『中空』読破

 「鳥飼否宇(とりかい・ひう)」著、第21回横溝正史ミステリ大賞の優秀賞を受賞した【推理小説】です。

 周りに茂る竹に生計を立て、「荘子」の思想に従っている村人・・・・・・。
 七世帯もの少人数にてほぞぼそと暮らす「竹茂(ちくも)村」──。

 めったに見られない竹の花を目指して村を訪れた写真家「猫田夏美(ねこた・なつみ)」と友人に「竹取物語の旅」との伝言を残し、ついてきた大学時代の先輩─「鳶山(とびやま)」。
山奥深い閉鎖された村にて、首切り殺人事件発生──そして立て続けに事件が巻き起こる展開です。

事件が起こるまで若干、長いのですが、一旦事件が起こると止まる事なく、一気に<転がり>始める内容となっています。

 おどろおどろしい展開と思いきや・・・・・・確かに事件は陰惨なのですが、村人を含めた登場人物、主な視点(「ワトソン」役)となっている「猫田夏美」の性格が明るい事が影響しているのか「横溝」作品にあるおどろおどろしい雰囲気がありません。
上記の雰囲気を期待していると若干、拍子抜けです。

でも【謎】解き、特に犯人当てとしては十分な出来です。
村人を含めた少人数の中からの<犯人探し>──「誰が/何の為に」といった点に主眼がおかれています。

 「荘子」や「竹取物語」の知識披露が良いアクセントになっています。(「竹取物語」・・・「高田崇史」著の『QED』シリーズを思い出しました。)
「荘子」については私が不勉強なため馴染みが薄くて、知識披露部分について「長いなあ、早く先に進まないかなあ」と感じてしまいましたが。

(記:スッタコ小僧)

« 【アニメ・ゲーム】8月27日(水)~8月30日(土)雑記 | トップページ | 【映画】『ワイルド・スピード×2』を見た »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【書籍】『中空』読破:

« 【アニメ・ゲーム】8月27日(水)~8月30日(土)雑記 | トップページ | 【映画】『ワイルド・スピード×2』を見た »

2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ