« 【書籍】『一角獣の繭 建築探偵桜井京介の事件簿』読破 | トップページ | 【書籍】『名探偵は千秋楽に謎を解く』読破 »

2008年9月24日 (水)

【書籍】『魔界ヨメ!』読破

 「阿智太郎」著、「あらすじ」によると【ポップ&パワフルラブコメディー】開幕です。

 設定・モチーフについては、あまり目新しい(斬新な)モノは持ってこない著者──今回はタイトルから分かるように【魔界】です。
いつものように【○角関係のラブコメ】と【コメディ】で楽しませてくれます。(加えて、著者お得意のちょっとした言葉遊びでの[小笑い]。)

 表紙のイラストはどうも『ゼロの使い魔』の「ルイズ」似・・・・・・ただ、目が黒に白ドクロと『狂乱家族日記』「x6suke」氏の持ち味(?)が活かされています。

 内容は至ってシンプルです。

両親のサプライズ転勤により、一人暮らしをする事になった「比宇間良夫(ひうま・よしお)」(その後、命名「ヒョロ夫」)。
両親が見つけてきた格安物件・・・・・・とても3万円という家賃とは信じられない豪華な洋館で一人暮らし。
ひょんな事で地下で見つけた扉を開けてしまい──なんとその扉は【魔界】に繋がっていたのでした。

・・・

との<ベタな展開>です。

 開けた扉から「通り名(ナルバ)」、

【魔界グラマラス美女】
(作品中ではあまりにも<しっくり>こないため、主人公/著者の意志で【魔界少女】へ)

⇒容姿から分かるように名前と違い、全然・・・・・・。
 この「通り名」の由来は後半に出てくる
 【魔界貧乳娘】の登場にて・・・・・・こちらも名前とは真逆。

が人間界へやってきてしまいます。

 そして、人間界を支配しようとする【魔界少女】──。
阻止しようと奮闘する「良夫」ですが、敵うわけもなく・・・・・・仕舞いには魂を抜かれそうに。

 最後の瞬間、色々と怒りが湧き上がってきた「良夫」──そこで最後とばかり一番<しっくり>こなかった点を叫ぶ

 「ペチャパイ娘のくせに!!!」

・・・・・・さて、「良夫」の運命は。
まあ、今後の展開はタイトルから大体、想像がつくと思いますが──。

 その後も「良夫」に好意を抱く同級生、そして前述の【魔界貧乳娘】・・・「吸血鬼」が登場し、<いつも通りの「阿智太郎」作品展開>へ進みます。

『トラジマ!』が若干(色々な面で)<大人し目>と感じていましたが、本作では一気に<弾けています>──この方向に<弾ける>のも如何なものかと思いもしますが。

(記:スッタコ小僧)

« 【書籍】『一角獣の繭 建築探偵桜井京介の事件簿』読破 | トップページ | 【書籍】『名探偵は千秋楽に謎を解く』読破 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【書籍】『魔界ヨメ!』読破:

« 【書籍】『一角獣の繭 建築探偵桜井京介の事件簿』読破 | トップページ | 【書籍】『名探偵は千秋楽に謎を解く』読破 »

2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
無料ブログはココログ