« 【アニメ】『劇場版 空の境界 痛覚残留』を見た | トップページ | 【アニメ・ゲーム】8月12日(火)~8月18日(月)雑記 »

2008年8月18日 (月)

【書籍】『安楽椅子探偵アーチー』読破

 「松尾由美」著、短編4話──連作の【推理小説】です。

内容は《タイトル通り》、【安楽椅子探偵】の「アーチー」が活躍・・・・・・助手に小学五年生の少年少女がついています。

「アーチー」・・・・・・「及川衛(おいかわ・まもる)」少年が付けた名前です──「アームチェア(ARMCHAR)」の「ア」と「チ」を使って。

 本書の探偵は《タイトル・ズバリ》──「安楽椅子」、【椅子】です

 誕生日のプレゼントであるゲーム機をもろもろの事情により、自分で買いに行く事になった「衛」少年。
通りかかった骨董品屋にて誰もいない「ひじ掛け椅子」からの「ため息」を聞き取ります。
夢見る少年の想像力(?)により、「透明人間だ!。」と期待してゲーム機の代わりに「ひじ掛け椅子」を購入し持ち帰ります。

 その正体は──【透明人間】どころではなく、【椅子】が意識を持っており、喋るのです。

興味を引かれる設定なのですが──

■事件の解答/真相/解決が<荒唐無稽>過ぎる

「事件の謎」があまりにも「事件の解答」と釣り合っていません。

 事件自体(謎)が【微妙な不思議さ】──なのに、その解答が想像もつかない程<突飛>・・・・・・解答を聞いて少しでも「なるほど」と感心する点があれば良かったのですが。
何処をどう聞いてどう推理したら、そんな解答に到るのやら──。

 普通は「奇妙な謎」があり、その謎に対して「論理的な説明(解答)」を披露してくれるのを期待しています──本書では<少し>「奇妙な謎」があり、その謎に対して「あまりに<飛躍>した説明(解答)」を披露です。(期待と逆になっている?)
最後の事件以外はそんなに<型破り>な真相を持ってきているわけでもないのですが──表現が難しいのですが「ズレ」を感じます。

 設定自体<破天荒>なので、事件の謎/解答についても《その「ノリ」》に付き合えるのなら良し・・・・・・私は「ノリ」きれませんでしたが。

(記:スッタコ小僧)

« 【アニメ】『劇場版 空の境界 痛覚残留』を見た | トップページ | 【アニメ・ゲーム】8月12日(火)~8月18日(月)雑記 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【書籍】『安楽椅子探偵アーチー』読破:

« 【アニメ】『劇場版 空の境界 痛覚残留』を見た | トップページ | 【アニメ・ゲーム】8月12日(火)~8月18日(月)雑記 »

2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
無料ブログはココログ