« 【書籍】『渇いた季節』読破 | トップページ | 【アニメ・ゲーム】8月22日(金)~8月26日(火)雑記 »

2008年8月26日 (火)

【書籍】『模倣の殺意』読破

 「中町信」著、著者のデビュー作の改稿版です。
本書に記載されている長編リストを見ると『そして死が訪れる』、『新人賞殺人事件』、『新人文学賞殺人事件』と何回も改稿しているようです。
読了後、やはり最後の本書の題名が「しっくり」きます。

 さて本書の感想ですが、

・「鮎川哲也」氏の賛辞を読み、そのトリック(仕掛け)に騙されまいと身構えていた事
・巻末の解説にも記載されていますが、類似トリックの作品を既に読んでいた事

により、序盤早々に謎が分かってしまい・・・・・・後は驚きもなく、寂しく結末を迎えました。

この手のトリックは、私の中では一番、記憶に残りやすい──「してやられた/騙された。」という印象/インパクトを強く受けるからでしょう。
加えて、他のトリックとの複合で煙に巻いたりやミスリードもしにくいため、初回──初めて触れるトリックパターンでないと面白さ/驚きが激減です。

 上記点は、本書に触れた時期(それまでに読んだ作品履歴)に依存するため、「しょうがない」と諦めるしかありません。

 受賞後の第一作目がなかなか書けず苦しんでいた作家が服毒自殺!?──。
死亡時刻は七月七日午後七時頃・・・・・・遺書の代わりか、作家が最後に書いていた作品のタイトルが『七月七日午後七時の死』。

 その死に疑問を持った

恋人
作家仲間

がそれぞれ(素人)探偵調査、開始です。

(記:スッタコ小僧)

« 【書籍】『渇いた季節』読破 | トップページ | 【アニメ・ゲーム】8月22日(金)~8月26日(火)雑記 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【書籍】『模倣の殺意』読破:

« 【書籍】『渇いた季節』読破 | トップページ | 【アニメ・ゲーム】8月22日(金)~8月26日(火)雑記 »

2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
無料ブログはココログ